あなたにとって「No War」とは何か?「NoWar 0305」で聞いた24人の声〈前篇〉

GEZANと主宰レーベル〈十三月〉からなる全感覚祭により開催された反戦街宣「No War 0305」。アーティスト・嶌村吉祥丸が撮影したポートレイトとともに、i-Dではインタビューを敢行。当日来場した24人の声を掲載する。

by Moe Nishiyama; photos by Kisshomaru Shimamura
|
30 March 2022, 8:39am

「ほしいのは熱狂ではなくそれぞれの実感でたどり着いたNO WAR。そして言葉にすることには確かに意味があると認め合いたい」(ー『No War 0305』Statementより)

マヒトゥ・ザ・ピーポー率いるGEZANと主宰レーベル〈十三月〉からなる全感覚祭により開催された反戦街宣「No War 0305」。戦争反対を呼びかけ、今なお続くウクライナ侵略により危機的な状況に置かれている人たちへの寄付を募ることを目的とした音楽とスピーチによるアピールは日中から日没まで約6時間に及び、折坂悠太、七尾旅人、坂口恭平、大友良英、切腹ピストルズ、カネコアヤノ、原田郁子、篠田ミル、踊ってばかりの国、テニスコーツ他、呼びかけに賛同した19組が参加した。

思い思いの「No War」のプレートを手に持ち、いまだ言葉にならない気持ちを抱えて会場に集まったのは年齢、国籍、性別もさまざまな人たち。皆異なる背景と価値観の中で生きてきて、集まった理由も一人ひとり異なるはずだ。戦況が刻一刻と変わり報道もやまないなか、私たちにできることは何なのか。そしてあなたにとって「No War」とは何だろう?  大きすぎる問いに、正解などないかもしれない。だからこそ今、一人ひとりの声に耳を傾ける必要があるのではないか。

003861520005 (1).jpg

i-Dはアーティスト・嶌村吉祥丸と共に、会場に足を運んでいた24名にインタビューを敢行。それぞれが現時点で考える「No War」について話を聞いた。前篇では、Haruy(シンガー)Riku (Planner/Designer - REING)中里虎鉄(フォトグラファー/編集者)、はるやまえみり(会社員/お燗番)、Mars89(Dj /Composer)井上竜介、裕子、桜介、奥冨直人(BOY ショップオーナー)、Hibiki(翻訳家)、Toyoda Yousuke (Makeup artist)Kim(ライター)、Mio (会社員)の声を掲載する。

〈後篇〉はこちら

003861560001.jpg

Haruy(シンガー)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

私の戦争反対という意志は、心で願っていてもプーチンさんに届くことはない。また、世界中でデモが起こっていてもそれが戦争を止めるという状況に繋げることは難しそうだとわかったが、声をあげたかった。自分の中で考えたり祈るだけでなく、デモに参加されている方々やアーティストさんとパワーを持って、戦争反対の意を世の中へ訴えたかった。

── あなたにとって「No War」とは?

無意味な死をもたらさないためのもの。誰かの家族や友人や恋人が悲しまないために人類が守っていかなければいけない当たり前のこと。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

とにかく悲しい。しかし実際に戦争で戦う人々や、ウクライナで暮らしていた方、ロシアで発言の自由がない人々はもっと痛みを感じている。今の戦争が終わることを第一に願っているが、今後のウクライナとロシアの国民の生活が心配な部分としてある。特にロシアの人々は精神的にも追い詰められる可能性がありそうで、国連や世界的にロシア国民のケアについて注意を払う必要があると思う。ロシアと似たような独占的な状況にある他国家があることも含め、今後同じようなことが起こらないために、どう世界が動くことが出来るのかを考えなければならない。

003861550012.jpg

Riku (Planner/Designer - REING)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

「戦争が始まった」そのニュースを最初に見たとき、僕が思ったのは「映画みたい」ということでした。

自分の中で、戦争は物語で描かれるフィクションの世界のもので、世界で今もある戦争に現実味を持って考えてこなかったのだと気づきました。だから、SNSで皆が声を上げ、主体的に考えている姿を見て、そんな自分が恥ずかしくて、声を上げる資格はないと感じていました。寄付をすることも、戦争反対と書くこともどこか後ろめたい気持ちを抱えていた自分と戦争とに関係を持つために、「NoWar 0305」へ足を運ぼうと思ったのかもしれません。

── あなたにとって「No War」とは?

No Warと発することに、意味はあると信じています。ただ、一億人の「No War」は、たった一人の「Yes War」に殺されてしまうんだということも突きつけられました。「No War」は、あくまで意思表明。その先にあるアクションで戦っていかなければならない。暴力ではない僕達の武器は、日々の選択と思考なんだと思います。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

本当に正直な気持ちを書くと、自分は今戦禍にある人たちを想い、涙を流せるほど僕は想像力のある人間ではありません。「No War0305」へ向かう道中、すれ違った人が「フェスかな?」と話す声を聞きました。反戦を訴える一万人の集団のすぐ隣には、戦争が起こっていることを気にも留めていない人がいることを知りました。そして自分も同じだとも思いました。だって、戦争が起こるまで、戦争が起こるかもしれないなんて知らなかったから。僕が知っていてもいなくても、結果は変わらなかっただろうけど、もし世界中の全員が知っていたらどうなっただろう?と考えました。それでも変わらなかったかもしれないけれど、変わる可能性はあったはずです。ただ漠然と平和を願うのではなく、平和であることの意味を考え続けていきたい。そして自分のこととして、戦争を受け止め、自分や自分の大切な人たち、自分の見える範囲での平和を守っていくために、今起こってしまった戦争へ向き合い、反戦を訴えたいと思います。二度と「No War0305」が開催されない未来のために。

003861540008.jpg

中里虎鉄(フォトグラファー/編集者)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

今現在、命や暮らしが奪われている人々、それによって恐怖や悲しみを感じている人々、すでに傷ついているかれらが戦うのではなく、この日本で声をあげることで自分の身に危険が及ばない特権を持ったわたしたちが闘うことは必然だと感じたから。

── あなたにとって「No War」とは?

“自由”を感じること。自由とは身体的にも精神的にも恐怖や傷を受けないこと。戦争は軍事侵攻だけでなく、人々に生命と暮らしに対して恐怖を感じさせる行為も含まれる。現在起こっている戦争はもちろん、これまでに起こってきた戦争、これから起こりうる戦争に対してもNOを示す行為。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

戦争が起きた際に一番最初に被害を受け、生命や暮らしが奪われるのは権利を与えられていないマイノリティであること。その事実が日本に生きるクィアにも大きな恐怖と傷を与えている。戦争によって多くの生命と暮らしが奪われている人々のことを第一に考えたときに、いかなる理由であったとしても戦争をすることを肯定し、“仕方ない”とすることはできない。

003861550004.jpg

はるやまえみり(会社員/お燗番)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

発信している場があることが大切だと思ったのと、自身にとっても考える時間になるのではないかと思ったから。

── あなたにとって「No War」とは?

より多くの人が、大切な人と気ままに過ごすことができて、おいしいごはんを食べることができて、安心して眠れること。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

これからどうなるんだろう。と不安はありますが、一日いちにちを大切にします。

003861560008.jpg

Mars89(Dj /Composer)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

企画段階から関わり、当日は設営と配信のサポートをしていたため。

── あなたにとって「No War」とは?

直接的には反戦ではあるが、その中にはあらゆる理不尽な暴力や差別に対する抵抗の意思が込められている。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

こんな馬鹿馬鹿しいことのために人々の命や生活や未来が奪われているということがとても悲しい。国対国という構図が、その中に生きる個人を見えなくしている。エモーショナルなヒロイズムやナショナリズムに感化される者も多く、そのムードが恐ろしい。

003861550002.jpg

井上竜介、裕子、桜介

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

少しでも声をあげたくてきました。

── あなたにとって「No War」とは?

戦争反対。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

1秒でも早く戦争が終わることを切に願っています。そして、それぞれの命や想いを尊重しあえる未来を強く希望します。

003861560006.jpg

奥冨直人(BOY ショップオーナー)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

今起きていることへの行動、意識、エネルギーの重なり。

── あなたにとって「No War」とは?

戦争反対。

── 戦争について、今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

戦争反対。戦争自体が疑問。遠くの街も同じ空の下で繋がっている。3月5日は空が綺麗でした。

003861550008.jpg

Hibiki(翻訳家)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

新宿の駅前という東京のど真ん中で、世界に向けてしっかりと抗議の姿勢を示したかった。

── あなたにとって「No War」とは?

人々の当たり前の日常を奪うな、ということ。

── 戦争について、今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

歴史を繰り返さないために、まさに今こそ、声を上げるべきだ。これまでになく繋がったこの世界なら、きっと止められるはず。

003861560010.jpg

Toyoda Yousuke (Makeup artist)

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

平和のために何かできることがないか、何を感じるのか。

── あなたにとって「No War」とは?

人を傷つけなくて、殺さなくてすむ世界。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

一人ひとりがそれぞれの生活の元に何ができるのか。

003860320011.jpg

Kim(ライター)& Mio (会社員) 

── 「NoWar 0305」に参加した理由は?

Kim:言論の自由の原則を支持し、半独裁者的な指導者のせいで戦闘に巻き込まれているウクライナとロシアの人びとへの連帯を示すため。

Mio:ウクライナ侵攻に反対している、ということを伝えないといけないと思ったから。

── あなたにとって「No War」とは?

Kim:国境の中での、そして国境を越えた調和。  

Mio:安全と自由が守られること。

── 戦争について今感じていること、疑問に思うことがあれば教えてください。

Kim:今の時代に戦争をするべき場所なんてひとつもない。私たちが今ここで、さらに別の不当な戦いに抗議しなければならないのは、本当に悲しいこと。今日「No War」のイベントに参加しているけど、このメッセージはもっとはっきりと示せたはず。例えば、事前にプラカードを作る集まりを開催するとか。これは1日で終わる問題ではない。戦争や対立は現実の出来事で、実際に行動を起さないと。国会議員に手紙やメールを送ったり、寄付をしたり、ニュースを読んだり、メッセージを広めて、積極的に働きかけて。 

Mio:関わり方にはいろんな形がある。情報収集、署名、寄付など。デモもそのひとつ。どんな形でも行動をとるのが大事だと思う。

003756150009.jpg

「No War 0305」でのウクライナ人道支援の寄付金についての報告は下記より確認可能だ。

#NOWAR0305 〈ウクライナ人道支援への寄付についてご報告〉

また、現在ウクライナの人々のために下記の団体から募金活動することができる。

UNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)への募金

1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、水や食料・毛布などの物資の配布や、難民キャンプなどの避難場所の提供、保護者を失った子どもの保護や心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。1991~2000年の間、緒方貞子さんが第8代国連難民高等弁務官を務めました。
この国連の難民支援活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。

ユニセフ(国連児童基金)への募金
ユニセフ(国連児童基金)は、パートナーとともにウクライナの人道支援の最前線に立ち、長引く紛争の影響を受けた厳しい状況にある子どもたちやその家族に、支援を続けています。

24人の「No War」。「No War 0305」から今できることを考える。〈後篇〉はこちら