The xxがファンに捧げる短編フィルム第一弾「We See You」

「We See You」は世界中のファンを描いた短編ドキュメンタリー。

by Zoé Dreadon; translated by Aya Ikeda
|
dec 4 2017, 1:11pm

This article was originally published by i-D UK.

The xxのファンに朗報。2017年1月に待望の新作『I See You』をリリースした彼らが短編フィルムを公開。ファンへの恋文とでも言うべきだろうか。『We See You - Berlin』と題されたシリーズの1作目は、ベルリンを拠点に活動する映像作家シルヴィ・ウィーバーが監督を務めた。約10分間の映像は、<ロラパルーザ・フェスティバル>で行われたThe xxのライブに来ていた4名のファンを追っている。

動画の公開時にシルヴィは、「会場で熱狂的なファンを見つけるのは難しくなかった。The xxの音楽ににじみ出るセンチメンタルさがファンとの信頼感につながっているから」と語った。ファンの4人は「The xxの音楽は自分のパワフルな一面を引き出してくれるし、それが本当の自分のように感じる」とバンドへの思いを語り、一人ひとりがシルヴィの手によって丁寧に描写されている。

一方で、The xxは「とても美しい彼らの姿に心の底から感動している」と笑みをこぼしながら、彼らにとってファンがどのような存在であるのかを語っている。

The xx にとって転機となったのは、シングル「On Hold」をリリースしアルバム『I See You』を発表した2016年11月。彼らはそれに伴い12ヶ月に渡るワールドツアーを敢行し、何百万人ものファンに迎えられることとなったのだ。

今後の活動予定は不明だが、今はおとなしく「We See You – Berlin」を見ようじゃないか。