東京のユースに聞いた リアルなメンズメイク事情

「したいと思ってるからしてるだけで、男とか女とかそういう次元の話じゃない」メイクを自由に楽しむ男性7人にインタビュー。

by MAKOTO KIKUCHI
|
24 June 2019, 9:32am

メイクが女性のためだけのものだった時代は、もうとっくの昔だ。一千万以上のチャンネル登録者数を誇るYouTuber、ジェームス・チャールズをはじめとする、男性の美容系インフルエンサーの数が増え続け、昨年11月には、シャネルからメンズのコスメラインが発表された。男性がごくカジュアルにメイクを楽しむことがニューノームとして認識されてきていることは明らかである。

数年前に流行った「ジェンダーレス男子」という言葉で簡単に彼らをくくるのも、もはやナンセンスと言えるだろう。男の子が純粋に「美しくなりたい」「自分に自信を持ちたい」と思うこと、そこにジェンダーやセクシュアリティーは関係ない。今回i-Dはメイクを自由に楽しむ男性7人に取材を行なった。

ビン 27歳 何をしている人? superMADE(a)のPR。メイクをはじめたのはいつから? 高校1年生のときに、初めてBBクリームを塗った。美しくなりたかったから。メイクをする頻度は? 家から出る度。これだけは欠かせない」コスメアイテムをひとつあげるなら? ファンデーション。買って良かったプロダクトは?イニスフリー〉のクッションファンデ。メイクをする際に参考にする人は? すべての女性達。服のスタイリングに関してもそう。あなたにとって理想の「男性像」は? 男性像は持っていない。ただ、自分らしく生きること。メイクに興味があるけれど、まだ最初の一歩を踏み出せていない人にアドバイスをするとしたら? 誰かを真似するより、自分の顔の特徴を知ること。そして、何かを隠すより良いところを生かすこと。あなたがメイクをしていることで、否定的なことを言われたとしたらなんて言う? 「とりあえず、髭剃ってからなんか言いなさい」あなたにとってメイクとは? 服。

ビリまゆ 17歳 何をしている人? 高校生。メイクをはじめたのはいつから? 高校1年のときから。絵を描くような感覚で始めた。メイクをする頻度は? 出かける時は必ず。これだけは欠かせない」コスメアイテムをひとつあげるなら? アイシャドウ。買って良かったプロダクトは?クリアラスト〉の薬用フェイスパウダー。肌のトーンを整えつつ、肌荒れを防いでくれる。メイクをする際に参考にする人は? 特定の人物はいない。よく海外アーティストのメイクを参考にしている。あなたにとって理想の「男性像」は? 男性的とされる力強い美しさを活かしつつ、女性の繊細さも兼ね備えた品格のある人。メイクに興味があるけれど、まだ最初の一歩を踏み出せていない人にアドバイスをするとしたら? まずはファンデーションやコンシーラーなど肌を整えるメイクから挑戦してみること。髭を剃るのと同じで、容姿を清潔に保つ事は大切。あなたがメイクをしていることで、否定的なことを言われたとしたらなんて言う? 別に何も言わないけど、自分はこの人よりも豊かな感性で生きてるんだなあと感じる。あなたにとってメイクとは? 新しい自分を見つけてくれる手段。

時男 23歳 何をしている人? 美容師。メイクをはじめたのはいつから? 今の会社に入ってから。ダミーモデルとしてメイクされてた時に、赤リップと出会った。メイクをする頻度は? 赤リップは毎日欠かさず。いつもより少し自分を派手に見せたい時にはアイライナーも使う。これだけは欠かせない」コスメアイテムをひとつあげるなら? 赤リップ。塗らないと自分じゃ無くなってしまう。あなたにとって理想の「男性像」は? 「男性/女性像」という言葉にあまりピンとこない。自分がしたいことを周りの意見や批判に臆することなく貫く人が魅力的。メイクに興味があるけれど、まだ最初の一歩を踏み出せていない人にアドバイスをするとしたら? メイクに限らず、結局『やりたいこと』に対して『やってみる』のがいちばん。偏見なんて気にせず、自分を好きでいて。あなたがメイクをしていることで、否定的なことを言われたとしたらなんて言う? 勝手に言わせておけば良い。あなたにとってメイクとは? 「時男」になる仕上げ。赤リップは塗った瞬間に「今日も可愛い!!」って幸せな気持ちにしてくれる。

Kotetsu Nakazato 23歳 何をしている人? フォトグラファー。ジェンダーやアイデンティティをテーマに作品を制作している。メイクをはじめたのはいつから? 19歳のころ、ハロウィンでドラァグクイーンに扮したとき。毛穴やヒゲが隠れ、いつもの五割増しで綺麗になることを知った。やった方が得!メイクをする頻度は? 今では毎日。肌のコンディションもチェックできるし、1日に1回アートの時間を設けている気分にもなれる。これだけは欠かせない」コスメアイテムをひとつあげるなら? コンシーラー。ヒゲやニキビを隠すだけじゃなくて、色を変えてコントゥアリングの役目も果たしてくれるから。買って良かったプロダクトは?NYX〉のTTL コントロール DP ファンデーション。色の幅が広く、自分の肌に合う色が見つかると無敵。値段も安い。〈レボリューション〉のアイシャドウパレットは、グリッタータイプとマットタイプが両方入っていて、ナイトアウトするには最高。メイクをする際に参考にする人は? 気合い入れて仕上げるときは、プラスティック・ティアラNaomi Smallsを参考にする。メイクに興味があるけれど、まだ最初の一歩を踏み出せていない人にアドバイスをするとしたら? メイクは美術のようなもの。最初から上手に出来るわけじゃないから、練習だと思って早めにトライすればいいと思う。あなたがメイクをしていることで、否定的なことを言われたとしたらなんて言う? 「したいと思ってるからしてるだけで、男とか女とかそういう次元の話じゃないの。メイクしてない方がいいって言うなら一生愛して?」あなたにとってメイクとは? 自分らしさを表現するツールのひとつ。飽きたらやめるかもしれないけど、今はメイクをして堂々と歩くことで、ひとりの人間がジェンダーという枠を越えて輝けるということを立証したい。

ゆうたろう 21歳 何をしている人? ショップ店員をしながらモデルをやったり、ここ最近は俳優もしたり。メイクをはじめたのはいつから? 中学生の時に初めて地元のファッションショーでモデルで出演することになり、その時に姉にメイクして貰ったのがきっかけ。メイクをする頻度は? 週5回くらい、おやすみの日はしないことが多い。これだけは欠かせない」コスメアイテムをひとつあげるなら? スック〉のファンデーション。買って良かったプロダクトは?ラロッシュ ポゼ〉の日焼け止め下地、〈ミシャ〉のファンデーション、〈プリマヴィスタ〉の下地、〈クリオ〉のクッションファンデーション。メイクをする際に参考にする人は? YouTuber達(ふくれな和田さん美希ぽん車谷セナ)。メイクに興味があるけれど、まだ最初の一歩を踏み出せていない人にアドバイスをするとしたら? 自分を少し好きになれるよ。あなたがメイクをしていることで、否定的なことを言われたとしたらなんて言う? あなたはあなた、わたしはわたし。あなたにとってメイクとは? 自分の顔に少しだけ自信が持てるパワーアップアイテム。

Yaona Sui 22歳 何をしている人? ビデオグラファー/モデル。 メイクをはじめたのはいつから? 自分のなかにある、補性としての女性像を意識するようになってから。 メイクをする頻度は? たまに色つきリップをするくらい。気分で目尻にアイラインを引くこともある。 これだけは欠かせない」コスメアイテムをひとつあげるなら? ムコタ〉のヘアオイル。 買って良かったプロダクトは?ミルボン〉のシャンプーとトリートメント。 メイクをする際に参考にする人は? @0.xxyn、@junli_0326、@frequency_t、@rinasonline あなたにとって理想の「男性像」は?男性のなかにある女性性を認め、自分の内側に生かす人。 メイクに興味があるけれど、まだ最初の一歩を踏み出せていない人にアドバイスをするとしたら? よくある退屈な男性論/女性論を聞く必要はない。自分の生き姿を少しでも美しくできるかもしれない方法がそこにあるのなら、踏み出さない理由はないと思う。 あなたがメイクをしていることで、否定的なことを言われたとしたらなんて言う? 人の意見はあまり気にならない。それよりも自分の姿が自分にとって否定的でないかどうかの方が気になる。 あなたにとってメイクとは? プラス。

樋木 海大 21歳 何をしている人? オーストラリアのシドニーで美容師をしている。 メイクをはじめたのはいつから? 中学3年のとき。原宿系の読モ達に憧れて始めた。 メイクをする頻度は? 毎日。 これだけは欠かせない」コスメアイテムをひとつあげるなら? アイブロウペンシル。 買って良かったプロダクトは?シュウ ウエムラ〉のリキッドファンデーション。〈メンソレータム®アクネス〉の薬用パウダー化粧水は使うと肌がサラサラになる。 メイクをする際に参考にする人は? 海外のイケメン達やアニメキャラクターのイケメン達。 あなたにとって理想の「男性像」は? ショーン・メンデス。 メイクに興味があるけれど、まだ最初の一歩を踏み出せていない人にアドバイスをするとしたら? とりあえずやってみればいい。やってみてやっぱり違うならやめればいいし、メイクをすることで違う自分に出会えて、それを楽しめるなら続ければいいと思う。 あなたがメイクをしていることで、否定的なことを言われたとしたらなんて言う? 特に何も。自分の意志でやっていることだから。 あなたにとってメイクとは? 自分に自信を与えてくれるもの。

Credit


Text Makoto Kikuchi

Tagged:
yutaro
boy de chanel
mens makeup