Quantcast
Music

フランク・オーシャンのライブにブラッド・ピットが映像出演

フランク・オーシャンが80sディスコをカバーしたライブに、ブラッド・ピットが登場。「フランクの音楽から感じる生々しい真実が気に入っている」

Ryan White

2017年7月23日、フランク・オーシャンがロサンゼルスで行われたFYF Festivalに出演した。「Instant Karma」と表記されたNikeのTシャツを着た彼は、RoskildeやLoveboxに出演したときと同じように、2ndアルバム『Blonde』から多くの楽曲を披露した。しかしその日は、これまでとは明らかに違う点があった。彼がカーペンターズの「Close to You」とジャクソン5の「Never Can Say Goodbye」のカバーを歌っている際に、ブラッド・ピットの顔がステージ上の画面に映し出されたのだ。映ったのは彼が何の気なしに電話を耳に当てている姿だったが、数ヶ月前に『GQ Style』とのインタビューのなかで"フランクの音楽から感じる生々しい真実が気に入っている"と語っているのを踏まえれば、これが計画された上での演出だったと容易に想像がつく。

フランクはまた、スティーヴ・モニットの「Only You」のカバーも披露した。YouTubeの動画のコメント欄には、この曲は次回のBlonded Radioでオンエアされるのではないかとの声も上がっている。願わくばいつものように、その後音源もダウンロードできるようになるはずだ。

また、Instagramにはバーニー・サンダースにインスパイアされたBALENCIAGAのTシャツを着用したフランク・オーシャンと、エリカ・バドゥのツーショット写真が、コメントなしで投稿されている。

A post shared by THE UNICORN (@erykahbadu) on

Credits


Text Ryan White
Translate Aya Ikeda