村上隆meets日本酒 

村上隆と秋田の酒造ユニットNEXT5が古きに学び作り上げた未来の日本酒が完成した。

by Sogo Hiraiwa
|
05 July 2016, 2:57am

Photo by Kensuke Tomuro

村上隆と彼の率いるカイカイキキが日本酒を発表した。日本を代表する現代美術アーティストである村上が今回のプロジェクトで手を組んだのがNEXT5だ。

NEXT5 は、秋田で「次世代を見据えた酒づくり」を行う共同醸造ユニット。「ゆきの美人」の秋田醸造3代・小林忠彦、「新政(あらまさ)」の新政酒造8代・佐藤祐輔、「一白水成(いっぱくすいせい)」の福禄寿酒造16代・渡邉康衛、「白瀑(しらたき)」の山本合名会社6代・山本友文、「春霞」の栗林酒造店7代・栗林直章の5名が彼らのもつ知恵と技術を集結させて、未来の日本酒造りに取り組んでいる。

彼らと村上隆が挑むのは、江戸後期の仕込み法で作る新しい日本酒だ。「NEXT5 の人たちは、日本酒とは何かという根本的なところまで立ち戻って酒造りをしている。日本酒は起源をたどれば中国からきた文化。その文脈を拾いながら、フレッシュなものを造る」と村上は語る。

これまでも村上は、日本の歴史や国内発のオタク文化を巧みに咀嚼し、それを現代アートへと昇華させてきた。日本酒の起源をたどることで、新しい酒を造っているNEXT5のアプローチにも通じるところだ。「SAKE(日本酒)」が海外でも注目が集めている今、日本美術を世界のアートの文脈にのせてみせた村上が、今度はどのようにして日本酒を世界に発信していくのか、楽しみでならない。

公式ホームページはこちら

Photo by Kawamura Ken

Photo by Yoshihiro Yoshikawa

Photo by Yoshihiro Yoshikawa

Credits


Text Sogo Hiraiwa

Tagged:
Culture
Takashi Murakami
kaikaikiki
next5