東京コレクションスローバック:KEITA MARUYAMA

東京コレクションのランウェイを振り返るシリーズ。KEITA MARUYAMAによるダークナイトが織りなすファンタジー。闇と夢、2つの世界へトリップ。

by Tomomi Hata
|
26 April 2016, 9:35am

「ダークナイトファンタジー」をテーマにした2016年秋冬のKEITA MARUYAMA。朝も昼もない、唯一夜だけが存在するという世界を舞台にコレクションを披露した。この世界のドレスコードは、もちろんブラックとネイビーオンリー。それでも住人たちは、とびきりのドレスアップをして闇の世界を煌びやかに楽しむ。スターモチーフがあしらわれたコートや冬の星座が描かれたガウン、ストイックなカラーパレットをグラデーションで遊んだファーなど、ここに暮らす女の子は夜にしかない美しさをどう生かすべきかを知っている。中盤からは一転、パステルカラーがランウェイを彩る。それはまるで色に飢えたダークサイドの住人が眠りについたときに見る、カラフルでロマンティックな夢の世界。ファーストールに姿を変えた化け猫や、スカートにプリントされた蜘蛛が闇から顔を覗かせるが、この世界でそれらは幸運を呼び込むラッキーチャームとして愛される存在。ライトな素材とパジャマやキャミドレスといったリラックスしたアイテムに着替え、夢の中だからこそより奔放にガーリィなアティチュードを満喫する。この日、フロントローには同ブランドを纏ったグウェン・ステファニーの姿も。東京ガールよろしくファンタジックな世界観に酔いしれた。

Credits


Text Tomomi Hata
Photography Shoot Kumasaki

Tagged:
tokyo
FASHION WEEK
tokyo fashion week
throw back
keita maruyama