NaNa-NaNaのオリジナルレーベルがリスタート

二つの要素の両立を図ったデザインのiPhoneケースが発売される。

|
21 December 2016, 9:50am

近年、マドモアゼルユリアやYUIMA NAKAZATOなどアーティストやファッションブランドとのコラボレーションを中心に活動してきたアクセサリーブランドのNaNa-NaNa(ナナナナ)が、自身のオリジナルレーベルをリスタートする。再始動第一弾となる今回、「トランスペアレント」をコンセプトにiPhoneケースが発表された。異素材同士の組み合わせ、機能性とアートの両立を追求したデザイン、二面性を融合させたハイブリッドな仕上がりが特徴で、外見そのものがケースの売りをダイレクトに訴求するケースに比べると、もう一歩踏み込んだコンセプチュアルなものづくりが印象的だ。

クリアPC素材とシリコン素材を接合し、iPodケースのホイール部分に見立てたディテールが特徴的な「NOT A MUSIC PLAYER」。クリアPC素材と気泡緩衝材、所謂プチプチを縫い合わせ、耐久性にも優れた「BUBBLE WRAP」の2種類をリリース。一風変わった素材を採用したり、ギミックを効かせたデザインで知られるこのブランドらしさが表れている。いずれも現行モデルの7,6s,6の3機種とそれぞれのプラスサイズに対応。「NOT A MUSIC PLAYER」は6.6s.7の3機種兼用モデルと6Plus.7Plus兼用サイズに対応。「BUBBLE WRAP」は7用と6.6 s用の2機種モデル。

これらは、12月24日よりNaNa-NaNa Online にて発売がスタート。iPhoneケースの発表を足掛かりに、今後は様々なカテゴリーのアイテムを展開していく。

Credits


Text Yuuji Ozeki