愛、不敵、好奇心:シャンユーinterview「手ぶらで山登りを始めた気分」

圧倒的なユニークさで、日本のポップシーンに新風を吹き込んでいるxiangyu(シャンユー)。その大胆不敵な活動ぶりの背景には、尽きることのない好奇心と愛の信念があった。

by Yoko Abe; photos by Kisshomaru Shimamura
|
15 April 2020, 2:00am

一風変わったアーティストxiangyu(シャンユー)が、突如音楽シーンに現れたのは2018年のこと。「プーパッポンカリー」「風呂に入らず寝ちまった」など、独特の世界観の歌詞をハイセンスな音楽に乗せた楽曲は中毒者が続出。今年に入ってからも「ひじのビリビリ」「home」と立て続けにリリースが続き、ますます注目を集めている。

そんな彼女のマインドに共鳴したのが、ジョーダン ブランド。ブランドの象徴とも言えるアイデンティティである「フィアレス(恐れを知らない)」は、音楽経験のないところから突如ステージに上がることになったxiangyuにも言えることかもしれない。今回はジョーダン ブランドを身にまとったxiangyuに、自身のマインドと歩んで来た道について思う存分語ってもらった。

──創作や表現を始めたのはいつ頃ですか?

シャンユー:中学生ぐらいの頃から、漠然と何かものを作ってやっていきたいなと思っていました。その時々で興味があることを見つける

と手を動かすっていうことを続けてきた感じかな。私が高校生の頃、同世代の中で渋谷や原宿に10人ぐらいで集まってファッションチームをやるっていうムーブメントがあったんです。学校の友人がその活動をやっていたこともあって、私も参加するようになりました。

──どんな活動をしていたんですか?

シャンユー:みんなで服を作って、渋谷のClub AsiaとかVUENOSを貸し切ってファッションショーをしてました。高校生だからもちろんデイイベなんですけど(笑)。でも、東京だけでなく、茨城や栃木からも参加している子もいて、すごく盛り上がっていて。まだmixiが流行っていた時代ですね。原宿のローソン前でスナップ待ちしたり、代々木公園でミーティングしたり。それで私も服を作るのにはまって、ステージ衣装作ったり、リメイクしたりしてたんですけど、そのうち自分一人でこもって制作する方が楽しくなって。高校3年生の頃は、ホームセンターにはまって、ブルーシートや軍手を使って服を作るようになりました。

──じゃあ、ずっとファッションに関係する活動をしてきたんですね。

シャンユー:そうですね。自分はずっとファッション関係のことをやっていくんだと思ってました。それ以外の方法を知らなかったし、それしかできないって思ってた。

xiangyu, シャンユー, インタビュー, アーティスト, ジョーダン ブランド, ファッション

──そこから歌うようになったのは、何かきっかけが?

シャンユー:その後もブルーシートや軍手で服を作り続けていて、18〜20歳頃はめちゃくちゃ熱中してたんです。でも、一人で作って一人で完結してしまっていることが物足りなくて。当時、文化服装学院に通っていたこともあって、ものを作ることで生きていきたいと思いつつも、どういう風に進んでいったらいいかわからなかったというのが正直なところでした。そんな時出展したデザインフェスタで、今のマネージャーの福永泰朋さんに「歌ってみない?」って声をかけてもらったんです。私が出してたのは服の展示だったのに(笑)。

──そこからデビューまでは少しブランクがありますよね。すぐに音楽の道には進まなかったの?

シャンユー:一番苦手なことが人前で歌うことだから、そもそも人生の選択肢になかった(笑)。それに私は両親が会社員ということもあって、ずっと会社員をやってみたいと思っていたんです。だから新卒のタイミングで就職しました。その後は働きながら服を作ったり、フリーで衣装の仕事をしたり。でも、いよいよ先のことが考えられなくなって。その時、そういえば長年私に「一緒に音楽をやろうよ」って言ってくれる人がいたことを思い出したんです。

──福永さんは水曜日のカンパネラのDir.Fとして活動をされています。その後xiangyuさんは、同じく水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのプロデュースでデビューとなりました。

シャンユー:手ぶらで山登りを始めた気分です(笑)。苦手だと思っていたのになんで急にやる気になったのか特別明確な理由があったわけじゃないんだけど、ちょうど24歳で年女だったし、何かとてつもなく大きいものに挑みたくなったんでしょうね。登山経験ゼロなのに急に富士山に挑んだ時と同じ気持ちです(笑)。

──ジョーダン ブランドのコンセプトに「フィアレス(恐れを知らない)」というキーワードがあるのですが、まさにそんな感じですね。そういうマインドはどうやって身につけたんですか?

シャンユー:怖がらない性質は、自分でもいい部分だなって思います。必要な装備は後から徐々につけていけばいいや、みたいな(笑)。それを形成してくれたのはやっぱり母かな。母は、私が何をするにもいつだって肯定し続けてくれてるんです。幼少期は欲しい物があったりやりたい習い事があるとまずはその理由をプレゼンしなきゃならなくて鬼だと思ってましたが(笑)、転職するにも、歌を始めるのにも、自分で責任持てることなら、まずは思ったようにやってみろと。なんにもネガティブなことを言わなかったのは、たぶん母だけな気がする。だから自分が行き詰まった時でも、自分の生き方を信じてやってこれた気がします。

──素敵な関係ですね。おうちの外で、考え方に影響を受けた出会いや場所はありますか?

シャンユー:中学、高校が私にとっては特別な場所で。中高一貫校だったんですが、私、机の上だけの勉強の成績って全然ダメだったんですよ。先生からも見放されるぐらい(笑)。でもその学校がちょっと変わった取り組みをしていて、どの学年もクラスで社会問題からテーマを一つ選んで、研究発表するっていうことをやっていたんです。半年以上かけて勉強そっちのけで研究して、最終的には文化祭で発表するんですけど。だから私も6年間で6個のテーマに、毎回これでもかって取り組んで。

──本気度がすごい! 特に印象に残っているテーマは?

シャンユー:高校2年生の時に取り上げた、死刑制度の問題。自分たちで全部アポ取って、電話して手紙を書いて「こういう理由でこういう事がやりたいんです、取材させてください」ってお願いして、その時の法務大臣や、刑務官の人に会いに行きました。もちろん答えなんて出ないんですが、私たちなりに真剣に考えました。6年間の文化祭の取り組みは、自分の生き方にかなり影響していると思います。

xiangyu, シャンユー, インタビュー, アーティスト, ジョーダン ブランド, ファッション

──xiangyuさんは雑誌『Maybe!』で「xiangyuの寿日記」という連載をやっていますよね。これはたくさんの日雇い労働者の方が暮らす横浜の寿町で、xiangyuさんが出会った人や出来事について書いているエッセイです。寿町に通うようになったきっかけはなんですか?

シャンユー:高校生の時から『ビッグイシュー』の活動に興味があって、軍手やブルーシートで服を作ったりもしていたので、路上生活者の方々が置かれている問題に関心があったんです。私に何かできないか、私なりのやり方でこの問題を発信できないかと思っていたんですが、すごく複雑で切実だからこそ、気軽に自分の表現の中に取り入れることはできないと感じていました。そんな話を『Maybe!』の編集長にしたら、「寿町っていう町があるんだけど、xiangyuちゃん行ってみない?」と誘ってくださったのが始まりです。そこでいろんな人と仲良くなって、今では勝手に行くように。そこからさらに興味を持って、東京の山谷や、夜行バスで大阪の西成へも行きました。私個人でやってるフィールドワークって感じですね。

──xiangyuさんはフィールドワークがベースにあるんですね。それが自身の音楽活動にいい影響を与えてる?

シャンユー:そうですね。面白い言葉を探しに街へ出掛けたり、そこで見つけたものに対して「これがいい」ってはっきり言葉にして意思表示するのはその影響かも。自分の足を動かしたり、体を使って獲得してきたものは自信に繋がるんですよね。やっぱり、自分で見て感じたものを発信することを大事にしたい。

──楽曲だけじゃなく、ファッションやヘアスタイルからもポリシーを感じます。

シャンユー:服や靴は動きやすいのが一番好き。朝に余裕を持って家を出られることってまずないから、走りやすいのはマスト(笑)。じっと座っていないし……なんかズボンの方が楽じゃない?(笑)

──じゃあ、今日着たジョーダン ブランドは好みにマッチしてましたか?

シャンユー:すごくクールだと思ったし、何より動きやすかった! 自分の中で一番リラックスできて、ノンストレスな状態を追求していくと、こういう感じになりますね。私、タイトな服もあんまり好きじゃないんですよ。全部を測られたくないから。

xiangyu, シャンユー, インタビュー, アーティスト, ジョーダン ブランド, ファッション

──今、COVID-19の影響で世界的にライブがどんどん中止になっていますよね。ライブハウスも危機的な状況です。そういう状況について、何か思うところはありますか?

シャンユー:もちろんライブができなくて悲しいけど、ライブハウスを運営している方やイベントを企画してくださっている方、公演に携わっているスタッフの方たちがすごく心配。

──ライブやイベントが中止になった期間はどうやって過ごしていますか?

シャンユー:あんまり嬉しくないけどまとまったお休みになってしまったから、まずは楽曲を作っていますね。それから、読書が好きなので、積ん読してたものを片っ端から読んだり。バレリア・ルイセリの『俺の歯の話』と、濱野ちひろの『聖なるズー』は特に面白かったかな。それから動画掘ったりBandcampでいろいろな音楽を聞いたり。最近はオーストラリアのHaiku Handsをよく聞いています。あとサウスパークが好きだから、1から見直したりしてる(笑)。そういう普段だったらやれない、何かを探る時間に充てています。

──ご自分の信条はありますか?

シャンユー:愛が大事。まずは一番に自分のことを大切にしていて、それだから他の人のことも大切にできると思っています。自分のことを大切にできないと、余裕がなくなっちゃうし、見えないところの想像ができなくなっちゃう。

──愛や想像力が、xiangyuさんの原動力になっているんですね。

シャンユー:そこは大切に生きています。この地球上にあることを全部知るのって、一生かかってもできないじゃないですか。知れば知るほどわからないことが出てくるし。だけど、やっぱりちょっとでも多くのこと知りたい。寿町のことも、フィールドワークをしていることも全部そうなんだけど、ちょっとでも多くのことを知って死にたいんです。今は音楽のこと、そこから広がることをもっともっと知りたくて、一生懸命もがいてる(笑)。

──もしかしたら今後、自分の表現方法が音楽じゃないところにたどり着く可能性もありますか?

シャンユー:可能性はありますよね。でも、今は音楽を極めたいな。このジャンル、やるたびにどんどんわからなくなって、果てしなさすぎるから。それに、音楽って曲があるだけじゃなくてそれを通しての人の広がりが訳わかんなくて面白い。だからそれが落ち着くまでは、他のことに手を出せない気もするんだけど……もし、私が物凄いスピードで成長しちゃったら……

──ありえそう(笑)。

シャンユー:未来は誰にもわからないから。そうなったら、ものすごいアーティストになっているでしょうね(笑)。でも、音楽は無限大なような気がする。だからこそ、これからが楽しみです。

xiangyu, シャンユー, インタビュー, アーティスト, ジョーダン ブランド, ファッション

XIANGYU WEARS VEST, SHORTS, SOCKS, AND SNEAKERS JORDAN BRAND. TOP STYLIST’S OWN.

https://www.nike.com/jp/jordan/women


Credit

Photography Kisshoumaru Shimamura
Styling Masako Ogura
Styling Assistance Chisaki Goya and Kana Hashimoto
Make-up Tamayo Yamamoto
Text Yoko Abe


Tagged:
Interview
jordan brand
xiangyu