Bioware/EA Games

今プレイするべきクィアなビデオゲーム7選

多様なセクシュアリティやストーリー、ロマンスを体験できるゲームをご紹介。

by Alim Kheraj; translated by Nozomi Otaki
|
22 November 2021, 1:33am

Bioware/EA Games

長らくビデオゲームはシスジェンダーでヘテロセクシュアルのためのものだと考えられていた。この主張はもちろん間違っている。クィアのゲーマーは常に存在し、『テトリス』から『コール オブ デューティ』『World of Warcraft』まであらゆる作品をプレイしてきた。それにもかかわらず、ゲーム業界にはLGBTQ+の表象(リプレゼンテーション)がまだまだ不足している。最近になるまで、クィアのキャラクターはまったく存在しないか、『​​グランド・セフト・オート』のように笑いのネタにされるかの二択だった。長い間、クィアの人びとが作中でセクシュアリティを表現できるゲームは『ザ・シムズ』だけだったのだ。

しかし、ありがたいことに状況は変わりつつある。ゲーム業界の収益は今や映画や音楽をはるかに上回り、多様なプレイヤー層が、ゲームを楽しむのはシスヘテロの白人男性だけではないことをデベロッパーに知らしめたことで、ゲーム業界は、少なくともLGBTQ+表象に関しては過渡期にあるといえる。

実際、『オーバーウォッチ』や『ライフ イズ ストレンジ』、『ボーダーランズ』といった人気シリーズを含め、ゲーム界を代表するヒット作には、クィアのキャラクターが登場するものも少なくない。これらのキャラクターに『トゥームレイダー』のララ・クロフトやマリオの双子の弟ルイージ、そして『ファイナルファンタジー』の全キャラクター(申し訳ないが、クラウドなんて名前はゲイでしかない)などのクィアコーディングされるアイコンを加えれば、ゲームの世界はかなりゲイだ。クィアなゲームをプレイしたいあなたのために、今プレイできる傑作を厳選して紹介する。

1. 『The Last of Us(ラスト・オブ・アス)』『Left Behind -残されたもの-』『The Last of Us Part II』

プラットフォーム:PS4(PS5後方互換機能あり)

デベロッパーNaughty Dogがポストアポカリプス世界を描くこの名作は、ゲーム史上もっとも野心的なストーリー体験を提供するだけでなく、とりわけエリーというキャラクターに関して、ゲームにおいて幾分ましなLGBTQ+表象のある作品だ。第1作のキンゼイ指標(※人間の異性愛と同性愛の指向を示す指標)はかなり低いものの、その追加エピソードである『Left Behind -残されたもの-』は、若者同士の愛のぎこちなさ、ワクワク感、不安を描き出す、実に優しく美しいクィアな物語だ。

 プレイヤーのキャラクターへのイメージを一変させた前作のあとにエリーのクィアネスを盛り込んだNaughty Dogは、続編『The Last of Us Part II』でも同様の試みを行なった。この続編では、シリーズにおけるクィア表象がさらに掘り下げられた。エリーのレズビアンとしてのアイデンティティが中心かつ物語の根幹に据えられ、さらにレブというトランスジェンダーのキャラクターも登場する。ただ、クィアの人びとがなんのトラウマもない、幸せな生活を送れるゲームを探しているのなら、この作品は向いていない。誰に対しても容赦のない作品だ。

2. 『アサシン クリード オデッセイ』『アサシン クリード ヴァルハラ』

プラットフォーム:PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series S/X、PC

『アサシン クリード』シリーズは、オープンワールドRPGのフォーマットに沿って展開し、デベロッパーのUbisoftはプレイヤーにキャラクターの豊富な選択肢を与える。そのなかには、キャラクターの性別(残念ながら男女の二択のみ)や、作中での恋愛対象も含まれる。

いっぽう、古代ギリシャを舞台にした『アサシン クリード オデッセイ』では、プレイヤーはゲイにもストレートにもバイセクシャルにもレズビアンにも、アセクシャルにすらなることもできる(ただし、その設定はサイドクエストに限られ、プロットの根幹に関わることはない)。『アサシン クリード ヴァルハラ』も同様で、プレイヤーはヴァイキングのエイヴォル(こちらも男女どちらか)としてイングランドを侵略し、男女両方と恋愛することができる。

LGBTQ+のリプレゼンテーションとして完璧とはいえないかもしれないが、60時間もの壮大な冒険を求めるプレイヤーには、この『アサシン クリード』のような没入的な作品をおすすめしたい。

3. 『Mass Effect Legendary Edition』

プラットフォーム:PS4(PS5後方互換機能あり)、Xbox One、Xbox Series S/X、PC

2007年にリリースされた『Mass Effect』シリーズ第1作は、今ではプレイするのが難しいゲーマーもいるだろう。ありがたいことに、デベロッパーのBiowareは今年5月、この壮大なSF RPG三部作にわずかに改変を加えたリマスター版を発売した。

『Mass Effect』の醍醐味は、プロットに関する決断から恋愛対象まで、非常に多くの選択肢が与えられることだ。最初の2作ではクィアなキャラクターをプレイすることはできないが、どのジェンダーを選んでも、女性的な容姿だが実際は性別のないエイリアン、アサリ族のリアラと恋をすることはできる。第3作は、シリーズの中でクィアのロマンスが楽しめる唯一の作品だ。本作のユニークなところは、最初の2作での選択によって作中で恋愛できる相手が決められること。彼ら彼女らとの関係を築いていくのは、純粋にとてもワクワクする体験だ。

4. 『Life is Strange(ライフ イズ ストレンジ)』『Life is Strange 2(ライフ イズ ストレンジ 2)』『Life is Strange: True Colors(ライフ イズ ストレンジ トゥルー カラーズ)』

プラットフォーム:PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series S/X、Switch、PC、Mac

批評家からも絶賛された、さまざまなエピソードからなるこのアドベンチャーゲームは、LGBTQ+のリプレゼンテーションがぎっしり詰まっている。3作すべてでクィアの恋愛へと発展する選択肢を選ぶことができ、他の多くのゲームと違って、クィアのキャラクターはクィアだと明言されている。例えば、『Life is Strange 2』に登場するゲイカップルのアーサー・ピーターセンとスタンリー・ピーターセン、共同体で転向療法(コンバージョンセラピー)を強制されていたハンサムなジェイコブ・ハッカーマンなどだ。さらに、フィン・マクナマラというパンセクシャルのキャラクターや、シリーズを通して人気の高いクロエ・プライスもいる。

シリーズ最新作『Life is Strange: True Colors』では、プレイヤーは共感能力を持つ若いバイセクシャルの女性アレックス・チェンを操る。ただ単にクィアなキャラクターが登場するだけでなく、重要な役割を担っているゲームシリーズだ。

5. 『Tell Me Why』

プラットフォーム:Xbox One

同じくストーリー型アドベンチャーゲームの『Tell Me Why』は、トランスジェンダーの主要キャラクターが登場する最初期のAAAタイトルのひとつ。主人公は、しばらく疎遠だったがテレパシーでつながっている双子のタイラーとアリソン・ローナン。ふたりはトラウマ的な出来事で母親が亡くなったあと、10年ぶりに実家に戻ってくる。さまざまな決断や謎解きとともに、プレイヤーはタイラーとアリソンの人生を形づくってきた悲劇に直面することになる。

制作中、デベロッパーのDontnod Entertainmentは、タイラーのキャラクターが「本物のトランスの体験の表象」になるよう、LGBTQ+団体〈GLAAD〉の専門家に助言を求めた。もちろん、トランスの体験は人それぞれだが、本作はトランスに起こりうる体験を探るうえでかなり健闘しているといえるだろう。ただ、本作はトラウマ的な重いテーマを扱っており、デベロッパーがタイラーの物語の制作にトランスの作家を雇わなかったことに対して批判の声も上がっている。

6. 『Dragon Age: Inquisition(ドラゴンエイジ:インクイジション)』

プラットフォーム:PS4(PS5後方互換機能あり)、Xbox One(Xbox Series S/X後方互換機能あり)、PC

本作はおそらく『Dragon Age』シリーズ中で最もクィアな作品だろう。Biowareの『Mass Effect』と同様、プレイヤーは多種多様なロマンスの相手の選択肢を与えられる。ゲイになって、ブルズチャージャーズと呼ばれる傭兵グループを率いる雄牛のような片目のクナリ族、ヒスラッドとロマンスを楽しむこともできる。

さらに特筆すべきは、ヒスラッドの下でブルズチャージャーズの副司令官を務める、シリーズ初のトランスのキャラクター、クレムが登場することだ。クレムのセクシャルアイデンティティは決して狂言回しでもなければ、彼のキャラクターすべてでもない。それは彼の生い立ちに関わるもので、プレイヤーが彼と会話をしてバックグラウンドを掘り下げようとしない限り言及されることはない。特に追求しなければ、クレムはプレイヤーが旅の途中で出会う男性キャラのひとりに過ぎない。

7. 『Dream Daddy: A Dad Dating Simulator』

プラットフォーム:PS4(PS5後方互換機能あり)、Switch、PC、Mac、iOS、Android

本作は、パパとデートするパパだらけの対話式ビジュアルノベル。娘と暮らす寂しいひとり親が、同じく恋の相手を探しているシングルファーザーだらけの閑静な住宅街に引っ越してくるところから物語が始まる。プレイヤーはキャラクターのカスタマイズやミニゲームに加え、恋人募集中の7人ものパパたちとロマンスを楽しむことができる。ゲームプレイに関しては、何もかもとてもシンプルで、ペースは少し遅めかもしれないが、ストーリーは超一流だ。また、パパとデートするだけのゲームとはいえ、ゲイのステレオタイプや陳腐な描写は最小限に留められている。

Tagged:
Gaming
Video Games
queer
LGBTQI