i-D x VALENTINO スペシャルムービーが到着。2023年をもって解散を発表したBiSHのアイナ・ジ・エンドが語る、過去から繋がる未来のこと

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバーで、ソロとしても活動するアーティストのアイナ・ジ・エンド。ファッション界からもラブコールが絶えない彼女が、i-D x VALENTINOのスペシャルムービー撮影でのエピソードと、BiSH解散、そしてソロ活動などについて話してくれた。

by Kurumi Fukutsu; photos by Yuji Watanabe
|
06 April 2022, 2:00am

i_d_323.jpg
AINA WEARS DRESS, VALENTINO AND ALL ACCESSORIES, VALENTINO GARAVANI.

楽器を持たないパンクバンドBiSHのメンバーであるアイナ・ジ・エンドは、全曲作詞作曲のファーストアルバム『THE END』を2021年2月3日にリリースし、ソロ活動も本格始動した。今では、「アイナ・ジ・エンド」としての活動が広く知られているかもしれない。 

2021年末には、2023年をもってBiSHが解散すると発表されたばかり。アイナはソロとグループでの活動に対し、どのような目線の違いをもっているのだろうか? 「ソロは自分の生きがいをひたすらに追い求めることができる環境。やりたい音楽、伝えたい言葉、感じるままのダンス、全部を届けていきたい。BiSHという場所は、みんなが感情をさらけ出せる空間かな。みんなでステージを、作り上げていく感覚がある」と、アイナは語る。

また、今回のスペシャルムービーは「過去と未来のランデヴー」がテーマ。未来に向かって力強く進んでいるアイナにとって、自身を重ねて思うところがあるようだ。「がむしゃらに頑張っていたころに私が出会った人たちは、夢を叶えたり、テレビでよく見かけたり、夢をあきらめて地元に戻ったり、さまざまな人がいる。そういう人たちと一緒に過ごした時間というのはかけがえのないもので、今後どうなったとしても、大切な思い出。そして、こういう過去があるからこそ今があると思うので、これまでの経験や思い出を未来に繋げていき、精進していきたい」 

撮影については、「大好きなVALENTINOの服をまとい、沸々と自信が湧いてきた。魔法にかかったような気持ちになり、楽しい撮影を過ごせた」と話すアイナ。VALENTINOの衣装をスタイリッシュに着こなした彼女が魅せる姿にも、注目してほしい。

i_d_458.jpg
AINA WEARS ALL CLOTHING VALENTINO AND ACCESSORIES VALENTINO GARAVANI, WITH ONE STUD MINI POUCH.
i_d_306.jpg
AINA WEARS ALL CLOTHING VALENTINO AND ACCESSORIES VALENTINO GARAVANI, WITH LOCÒ BAG.

「VALENTINO RENDEZ-VOUS」コレクションに関する最新の情報は、valentino.comから。

STARRING
AiNA THE END

CREDITS
Photography Yuji Watanabe (Perle-management)
Photography assistance Narumi Horikiri
Styling by Masataka Hattori
HMU KATO (TRON)
HMU assistance Kanna Tsuyama
Creative editor / writer Kurumi Fukutsu
Editor assistance Saori Ohara

Tagged:
Valentino
valentino garavani