Loewe autumn/winter 19 men's

フェティッシュを非フェティッシュ化するジョナサン・アンダーソン:Loewe AW19

「5年経って、前進している姿を見せないと、と思ったんです」

by Steve Salter; translated by Ai Nakayama
|
31 January 2019, 9:40am

Loewe autumn/winter 19 men's

ロンドンを拠点に活動するジョナサン・アンダーソンはこの10年で、あらゆる規範への挑戦者から、業界を牽引するクリエイティブディレクターへと変貌を遂げた。彼が2013年から指揮しているLoeweでは、彼の一風変わった美学を上品に昇華したデザインを発表してきた。「メンズウェアの規模は、僕が就任した当時に比べて4倍にも膨れ上がっていますし、就任から5年経って、前進している姿を見せないと、と思ったんです」とジョナサン。そうして彼は満を持して、2019年秋冬コレクションで単独メンズコレクションを発表した。それはブランドの前進を示すと同時に、これからのLoeweが私たちをどこへ連れていってくれるのかを暗示するコレクションだった。「常に私たちの念頭にあるのは、ベーシックをどう扱い、どうファッショナブルにするかという問題。私たちはベーシックとファッショナブルのあいだの境界線をしっかり見極めることが重要だと考えています。どうやって顧客にニットを購入してもらうか、そしてどうすればそのニットの魅力を十二分に感じてもらえるか、ということです」。アンダーソンは彼自身の歪んだレンズで定番アイテムを眺め、クラフトとイマジネーションを融合させる。そのなかに、おのずと問いの答えが提示される。

Loewe menswear a/w 19

会場はアンダーソン御用達の、パリのユネスコ本部ビルのなか。ドイツ人アーティストのフランツ・エアハルド・ヴァルターが手がけた鮮やかな黄色のコットンスカルプチャーが、アンダーソン初となるメンズウェアショーの完璧な背景としてそびえたっていた。壁に貼り付けられたジャケットやパンツのパーツはカット&ペーストを特徴とするアンダーソンのデザインと呼応し、何がどこに配置され得るのか、何がどこに配置されるべきか、という規定の価値観に疑問を呈する作品だ。

2019年秋冬メンズコレクションにおいて強調されていたのは、抽象化とハイブリッドというテーマ、そして使いやすさと趣味の良さについての絶え間ない問いだ。製造とその規模を再考したことで、Loeweの職人技が思いもよらないかたちとなって現れ、矛盾した複数の〈理想の男性像〉が融合されていた。伝統的な装いとチームスポーツとの出会い、とでもいおうか。シアリングとキャメルのカシミアを使用したアウターは、バージョンアップした日常着として立ち現われ、よく知っているはずのアイテムが、まるで異世界から届いたかのような新鮮さを伴っていた。ウィメンズコレクションですでに登場している、極端に長いシャツの袖も印象的で、今回はアシンメトリーなラペルと2つボタンが美しい新作タキシードの袖から覗いており、背景のコットンスカルプチャーを彷彿とさせたシアリングのタフトや、型押しのクロコダイル柄はトロンプルイユ的な効果をもたらし、それが最終的に、高級感のあるパステルレザーのキルティングや、フリンジ付きのカシミアスカーフで構成されたグレートコートに結実。ボリューム感のあるジャージやチュニックは、トレイルブランケットやラグビーストライプを想起させる。ロングニットには小石のようなビーズや、エロスをはらむ素朴なドローイングがあしらわれ、ひもで縛られたようなカーディガンは、荒々しいプロセスを体現している。全体的に、衣服が生きていて、常に進化を続け、周りの環境に反応しているかのような印象だった。

Loewe menswear a/w 19

奇抜な形状のロングブーツはファスナーが半分までしか閉められておらず、そのおかげでできた、なめらかなレザーによるゆるいシルエットが、コレクションのムードを体現している。「ゲートルと釣り人を参考にしました」とアンダーソン。「ファスナーを開けてみたら、私たちが愛する80年代の雰囲気が生まれたんです。ウエスタンブーツみたいなシワができるけど、ウエスタンブーツではない。フェティッシュの対象たる何かを、非フェティッシュ化したんです」。まさにジョナサン・アンダーソン的であり、Loewe的だ。ブーツと合わせて登場した、マリリン・モンローの鮮やかな色味のポストカード写真があしらわれたシャツは、ギリギリのバランスを保つコレクションの趣味の良さに挑戦するかのよう。「それが必要だったんです」とアンダーソンは説明する。「最上級の美であると同時に、最高に悲劇的。それがほしかった。ショーでこういうポストカード写真を使うのがいいんじゃないか、これで他のアイテムすべてが打ち消される感じでいいんじゃないか、と」。結果として、すばらしい効果をもたらしていた。

Loewe menswear a/w 19
Loewe menswear a/w 19
Loewe menswear a/w 19
Loewe menswear a/w 19
Loewe menswear a/w 19
Loewe menswear a/w 19

This article originally appeared on i-D UK.

Tagged:
Menswear
loewe
paris menswear
A/W 19
Johnathan Anderson