ルタ・グァダニーノ監督が『君の名前で僕を呼んで』の続編を制作する可能性を示唆

またアーミー・ハマーを観られるというのは、いつだって素晴らしい報せだ。

by Roisin Lanigan; translated by Yuichi Asami
|
jan 25 2018, 5:23am

映画『君の名前で僕を呼んで』に世界中が恋に落ちたことを考えれば、その主人公であるエリオ(ティモシー・シャラメ)とオリヴァー(アーミー・ハマー)のその後を知りたいと声が上がるのも当然かもしれない。だがなんと、もしかしたらそれが実現するかもしれないのだ。監督を務めたルタ・グァダニーノは今回、彼らのその後を描く続編制作の可能性を示唆している。

グァダニーノは先日、『The Guardian』紙とのインタビューの中で、『君の名前で僕を呼んで』の世界を広げてみたいと明かしている。「キャラクターはみんな本当に素晴らしいからね。彼らにその後何が起きるのかを知りたいと思ったんだ」

グァダニーノによれば、アンドレ・アシマンの原作小説『Call Me by Your Name』(2007)のラスト40ページには、オリヴァーとエリオのその後20年間が描かれており、続編を作るのに充分な素材があるのだという。

「問題は続編を作るかどうかじゃなくて、この映画のキャラクター全員をどう時系列的に描写するかだと思ったんだ。俳優たちの身体を借りて彼らがどう大人になっていくのかを探究するのは、とてもファンタスティックなものになるはずだよ」

『君の名前で僕を呼んで』はすでに第90回アカデミー賞において作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされている。どうか、早急にもう続編を。

This article originally appeared on i-D UK.