Advertisement

テーマは「サバイブ」 都市型フェスTHE M/ALL 2019が渋谷で無料開催

「音楽」「アート」「社会」をつなぐ都市型フェス〈THE M/ALL〉が、9/7(土)と9/8(日)に渋谷WWWで開催。参加アーティスト第一弾にGEZAN、GOTCH、なみちえ、Mars89、あっこゴリラ、ermhoi、machìna、Miru Shinoda、行松陽介。

by Sogo Hiraiwa
|
13 August 2019, 10:44am

「音楽」「アート」「社会」をつなぐ複合型イベント〈THE M/ALL〉が2019年9月7日(土)と9月8日(日)に開催。渋谷のライズビル内にあるWWW、WWWβ、WWW X、GALLERY X BY PARCOの4スペースを会場にして、二日間にわたり音楽ライブ、DJ、社会問題をテーマにしたトークセッションが同時に行なわれる。

今年で二度目の開催となる〈THE M/ALL 2019〉のテーマは「SURVIVE(サバイブ)」。市長の検閲まがい発言を発端にして「表現の自由」を問う展覧会が中止に追いやられ、働く女性にパンプス・ヒール着用を強制する謎風習が今なお残り、アサガオの視覚的な涼しさではしのげない酷暑が続くこの日本において、これ以上しっくりくるテーマもそうそうない。

今回発表された出演アーティスト第一弾では、初参加となるGEZANやあっこゴリラMars89machìnaMiru Shinoda、昨年の〈THE M/ALL〉にも登場したGOTCHや行松陽介がラインナップ。地獄のような暑さと惨状に立ち向かうための英気/鋭気を養うことができそうな強力なメンツ、というか布陣だ。

エントランスはおそらく無料。なぜ「おそらく」なのかといえば、それは本イベントがエントランスフリー開催を目指して、現在〈100 VOTE T-Shirts〉というプロジェクトが実施中だからだ。このオンラインのポップアップストアでは様々なアーティストやイラストレーターがデザインしたTシャツを期間限定で購入することができるが、その売上が〈THE M/ALL〉の運営費に充てられるという仕組みになっている。

お金に余裕がある人はTシャツを買って、この実験的なフェスの無料開催実現に向けて支援し、お財布事情が厳しい人は無理せず、無料開催が叶った暁には、当日イベントを盛り上げに駆けつけよう。

現在ワタリウム美術館の地下にある〈オン・サンデーズ〉では、8月25日(日)まで、〈100 VOTE T-Shirts〉のTシャツや特製のZINEを展示・販売しているのでこちらもお見逃しなく。

【イベント情報】

THE M/ALL 2019

<WWW / WWW X / WWWβ>
2019年9月7日(土)
OPEN 15:00 / START 16:00

<GALLERY X BY PARCO>
2019年9月7日(土)
OPEN 14:30 / START 15:00
2019年9月8日(日)
OPEN 10:00 / START 10:30

第一弾 出演アーティスト
<WWW / WWW X / WWWβ>

GEZAN
GOTCH
なみちえ
NTsKi
Mars89
suimin
あっこゴリラ
ermhoi
Mari Sakurai
machìna
Miru Shinoda
行松陽介
ENDON

Tagged:
Music