「DIOR and RIMOWA」とmillennium paradeがコラボ「人生で一番いい曲が書けた」常田大希の抱える自信と孤独

常田大希率いる「millennium parade」とDIORがコラボレーション。新曲「lost and found」の旋律にのせ、東京の街をテーマにしたムービーをPERIMETRONが製作した。

by Yoko Abe; photos by Yuki Kasai Pare
|
18 November 2019, 8:06am

King Gnuを率いる常田大希が、今年の4月に始動させたプロジェクトが「millennium parade」だ。King Gnu同様にバンドという概念を持ちながら、参加ミュージシャンも流動的。日本の音楽業界の枠に収まらないサウンドと、常田が所属するクリエイティブチームPERIMETRONが手がけるアーティスティックな映像との相乗効果で、唯一無二の世界観を打ち出している。

そのmillennium paradeにラブコールを送ったのがDIOR。リモワとのコラボレーションによるカプセルコレクション「DIOR and RIMOWA」が、11月22日に渋谷PARCO内にオープンするDIOR MEN’S POP-UP STOREで販売されるにあたり、東京の街をテーマにしたムービーをmillennium paradeとPERIMETRONが製作した。

プロジェクトの始動から驚異的なスピードで大きなコラボレーションを実現させた常田は、何を考え、何を見つめているのか。バックステージにいる彼を訪ねた。

━━ビッグコラボレーションですね。今回の経緯は?

俺たちの活動にDIORが興味を持ってくれたというのが大きいですね。それはすごく嬉しかった。millennium paradeのテーマは「世界から見た東京の音」。今回、ファッションとラゲージの世界的ブランドがコラボレーションしたショップが、東京の中でも特にカルチャーの入り混じる渋谷にオープンするタイミングでコラボできることは面白いなと思います。

━━DIOR and RIMOWAは、トラベルプロダクトのラインですね。常田さんも旅へはよく行かれますか?

ミュージシャンという職業柄、ツアーではあちこち行っていますね。それこそ最近は忙しくて、仕事と切り離した旅へはなかなか行けてないけど。

━━旅先で印象に残っている場所は?

刺激を受けたのはベルリンかな。街の雰囲気だったり、音楽シーンのパワーに圧倒されました。ヨーロッパの中でもインスピレーションみたいなものを一番強く感じた気がしますね。その時は半分ツアー、半分旅行みたいな感じで行っていたのも大きいかな。仕事としてちゃんと演奏もするけど、半分以上は休みっていうのは一番いい(笑)。

1573787900834-FH010022edited

━━millennium paradeは東京をテーマに掲げているということですが、King Gnuも「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルバンド」と東京を掲げていますね。常田さんにとってやはり東京は特別な思いがある場所なんでしょうか。

というより、俺のクリエイションが東京のあり方とリンクするからですかね。俺の音楽は多種多様なカルチャーやジャンルをミックスして、新しいものを提示するスタイル。それは東京的なスタイルでもあると思います。それに、実際に住んで、生活している都市だしね。海外から見て日本で活動するミュージシャンがどう動いたら面白いのかを考えたときに、やっぱり東京は外せないなとも思います。

1573726423939-DBTS25edited

━━今回コラボレーションしたmillennium paradeの新曲はどんなコンセプトですか?

ビートなどの遊び方は今までと同じ感じで、今回はメロディと歌っていうものを大事にしようというのが念頭にありました。だからサウンド的にはピアノで綺麗なメロディを作っていった。今まであまりそういうことをしてこなかったんですが、あえてそこに向き合った曲です。タイトルは「lost and found」。今年一、いや人生で一番いい曲書けましたよ。あ、今のところね(笑)。

━━今回のムービーのビジュアル・コンセプトは?

「DIOR and RIMOWA」から旅と東京をキーワードに、最初に浮かんだのが、都市の中で人がいっぱいいながらも最終的には一人という感覚。そこから「都市の中の孤独」みたいなものが、ムービー全体のテーマになりました。

1573726456596-FH000010edited

━━数ある都市の持つ要素の中でも「孤独」にフォーカスしたのはなぜですか?

根が暗いから(笑)。

━━常田さんには拡声器のイメージがあるので意外です(笑)。

よく言われるんですけどね(笑)。自分の中にはそういう面もあるし、そうじゃない面もあるっていうことだと思う。東京が抱えているものって、きらびやかでポジティブなものだけでは全くないし、たくさんのキラキラしたものに囲まれていたとしても結局人は一人。決してそれをネガティブには捉えていないけれど、ムービーは自然とシリアスなトーンに落とし込まれていきました。映像ディレクターのOSRINやプロデューサーの佐々木集始め、PERIMETRON製作陣もまあみんな根暗なんですよね。今までたくさんの人によって何度も描かれてきた東京とは、また違った見せ方ができたんじゃないかな。

1573726477392-DBTS11edited

━━ボーカルを務めたのは、Black Boboiのメンバーでもあるermhoiさんですね。ermhoiさんのmillennium paradeでの立ち位置は?

彼女はmillennium paradeにがっつり参加してくれていて、他の楽曲でもボーカルを務めています。今回は、都市の賑々しさではない違う一面を見せるという意味でも、彼女の歌声とリリックがいいと思ってオファーしました。彼女は、例えば俺が映画監督だとすると、めちゃくちゃよく起用する女優みたいな立ち位置。millennium paradeはクルーを、例えば契約書みたいなもので縛ることにあまり意味を置いていなくて。メンバーって言ったら全員メンバーみたいな感覚です。

━━常田さんの活動は基本的に、バンドの形であったり、クルーがいるようなチームでの活動が主ですよね。あえてソロプロジェクトにしない理由はありますか?

パソコン1台あれば一人で音楽を作れる時代だけど、作品を総合的に見せていこうと思うとどうしても一人じゃできないんですよ。自分が作ったものを、どう大きくしていこうか、広げていこうかと思ったときに、やっぱり仲間が必要になってくる。それこそ、昔は映像も音楽も全部一人でやっていたんだけど、やっぱりそれには限界があったから。何より、今俺自身がクルーからすごくいい影響を受けていますね。

1573726508724-DBTS6edited

━━millennium paradeの今後の活動予定は?

来年からいよいよ本格的に活動を開始する予定です。がっつり(笑)。今、水面下で仕掛けているものがたくさんあるので、来年はドカンとやりたいですね。素晴らしいミュージシャンとのコラボも予定しています。いろんな曲が控えているので、騒がしい年になるんじゃないかな。

━━…そう考えると、かなりの曲数を作っていますよね? インプットはどうしているんですか?

うーん、最近はインプットできていないなあ。当然だけど、知ることや学ぶこというのはクリエイションにとってでかいですからね。いろんな人と話すことも大きいし。俺の作品の作り方ってどちらかと言えば、数学的でロジカルなので、正直曲が浮かばずに作れなくなるとかいうことはあまりないんです。逆を言えば「曲が湧いて出た」「空から降りてきた」みたいな能天気な話ではない。もっと現実的な、鍛錬とロジックの上で遊んでいる感じです。

━━じゃあ「今日は気分が乗らないから書けない」みたいなこともあまりない?

「音楽を作りたくねえな」っていう気分のことはあるけど、作ろうと思えば作れる(笑)。でもまとまった休みが取れて、旅行しながら曲を書く生活とか最高ですね。「DIOR and RIMOWA」のトランク持ってね(笑)。

Tagged:
Music
Collaboration
king gnu
PERIMETRON
DIOR and RIMOWA
millennium parade
Daiki Tsuneta