東京からのラブレター:松岡一哲

フォトグラファーが「愛」をテーマに作品を撮り下ろした「東京からのラブレター」シリーズ。写真家・松岡一哲が映し出す「愛」とは?

by i-D Japan
|
13 February 2018, 6:51am

──今までで最も愛を感じた瞬間は?

人や物が放つ動きや音、わずかな微振すべてから愛を感じます。

──愛と聞いてイメージすることは?

光、そして妻のマリイと犬のタマ。

──愛ゆえに苦悩することはありますか?

愛ゆえに、ではなく、自分に余裕がなく、愛に気づけず、苦悩することはあるかと。

──あなたが一番好きな映画はなんですか?

デヴィッド・リンチ『ワイルド・アット・ハート』

──あなたの好きな〈愛について歌った曲〉を教えてください。

スラム・ヴィレッジ「Climax」

松岡一哲(Ittetsu Matsuoka

写真集『マリイ』オフィシャルサイトはこちら。公式Instagramはこちら

Tagged:
tokyo
Photography
photographers
love letter from tokyo
new generation photographers
Ittetsu matsuoka