『ストレンジャー・シングス』のフィン・ウルフハード率いるバンド CalpurniaがMVを初公開

「City Boy」にはニルヴァーナのヴァイブスも入っている。

by André-Naquian Wheeler; translated by Yuichi Asami
|
16 March 2018, 6:13am

Screenshot via YouTube

少年の多くは10代でバンドを始める。自宅のガレージでセッションし、地元でライブを開催し、お手製のミュージックビデオをYouTubeにアップロードする。『ストレンジャー・シングス』のマイク役、フィン・ウルフハードもそんな少年の1人で、彼はCalpurniaというバンドでフロントマンを務めている。しかし、他の同じような少年たちとは異なり、彼のバンドにとって初めてのMVはYouTubeに公開されてから1時間で2万回を超える再生回数を記録した。「City Boy」と題された楽曲のMVには、フィン・ウルフハードとその友人たちが出演しており、人生において真に大切なことが歌われている。「大勢の男から声をかけられているのなら、逃げた方がいい」。彼らはそう歌いながら、スタジオでびのびとした10代を謳歌している。

このMVには、ファン垂涎のテキストがついている。その抜粋を紹介しよう。「僕たちにとってこの体験がいかに楽しかったか、そしてこれが音楽を愛する同士が集まって創った純粋なものだということが、このビデオから伝わることを願います」

フィンはこれまでにもニルヴァーナ、ピクシーズ、ニュー・オーダーのカバーをリリースしている。彼は以前、i-Dとのインタビューで「マック・デマルコ、ツイン・ピークス、フェニックス、ホワイト・リーパー、ポスト・アニマル」をお気に入りとして挙げている。「ギターを弾くと落ち着くんだ」。彼はそう話していた。

だけど、心配しないでほしい。彼は“次のカート・コバーン”になるために、俳優を辞めるわけじゃない。私たちの大好きなイット・ボーイは「ストレンジャー・シングス」シーズン3への出演が決定している。やったね。

This article originally appeared on i-D US.

Tagged:
Band
Finn Wolfhard
city boy
Calpurnia