遠藤麻衣子監督作品『KUICHISAN』『TECHNOLOGY』一週間レイトショー上映

東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムにて、5月12日から5月18日まで遠藤麻衣子監督作品『KUICHISAN』『TECHNOLOGY』がレイトショー公開される。

|
29 March 2018, 7:42am

KUICHISAN 「NEON」

NYのインディペンデントシーンで注目を集めている遠藤麻衣子のデビュー作『KUICHISAN』と最新作『TECHNOLOGY』が、5月12日(木)から5月18日(水)まで渋谷のイメージフォーラムにて上映される。

幻想記録映画(FANTASY DOCUMENTARY)——あまり耳にしないワードかもしれないが、予告篇を1度みれば、誰でもこの言葉と作品のイメージが一致するのではないだろうか。

バイオリニストとしての演奏活動や映画のサウンドトラックへの音楽提供など、音楽活動を中心とした経歴をもつ遠藤麻衣子は、独特かつ神秘的な映像と音の組み合わせで、映画内の時代や空気を狂わせ、今まで我々が体験したことのない世界へと誘う。

アニエス・ベーも助成金を出資している『TECHNOLOGY』ではインディア・サルボア・メネズが主演を務める。ニューヨーク近代美術館でキュレーターを務める一方で、2012年にオリヴィエ・アサイヤスの映画『5月の後』で映画デビューし、最近ではトム・フォードの『ノクターナル・アニマルズ』にも出演するなど、多岐にわたる活躍で注目を集める若手アーティストだ。

『グッド・タイム』のジョッシュ・サフディは、遠藤の作品に対して次のようなコメントを寄せている。「MAIKO ENDOは違う惑星からきた。美しくオリジナルな惑星で、そこで見る色や形は以前見たことがあるようで、実際には完全に新しい」

『KUICHISAN』
『TECHNOLOGY』

『KUICHISAN』『TECHNOLOGY』
会場:シアター・イメージフォーラム
上映日程:2018年5月12日(木)〜2018年5月18日(水)