The xxの最新MVに現れた絶世の美男パオロ

モデルとして忙しく世界を飛び回りながら小説を書き、演技の世界でも最初の一歩を踏み出したパオロ・ガヤルド。彼にヌードについて、ドナルド・トランプについて、そして人々を笑顔にすることについて聞いた。

by Tish Weinstock
|
06 December 2016, 5:45am

職業はモデル。でも実像は生まれながらの放浪者――パオロ・ガヤルド(Paolo Gallardo)がホットで見逃せない。ザ・エックス・エックスの最新ビデオ「On Hold」のパオロを見れば、誰もがみな彼の魅力を否定できないはずだ。猫は、生涯で9回の危機を経験するという――パオロもまた、数奇な半生を送ってきた。ヴェニス・ビーチに生まれて間もなくして、父親がテレビ番組を持ち、母親がスキューバ・ダイビングを教えるジャマイカへと引っ越したが、5歳になる頃にはロンドン、13歳になる頃にはロサンゼルスへと、家族とともに渡り歩いた。そして17歳で学校を中退して19歳でモデルの世界に入り、20歳でロンドンへと戻った。4年をロンドンで暮らし、昨年ロサンゼルスへと戻って現在に至る。

モデルという職業は、ガヤルド家の家業のようだ。彼の母親もその昔、ニューヨークでモデルとして活躍した経歴を持つ。また父親は、レイ・ペトリが自身のブランドBuffaloでスタイリストや写真家などとのコラボレーションで作り上げ、雑誌などのファッション・スプレッドで展開した「Buffalo Boy」シリーズに当初からモデルとして参加していた経歴を持つ。パオロの美しさは必然なのだ。しかし、パオロの美しさは容姿だけではない。彼は世の中のひとが皆、お互いを笑顔にすることだけ考えるような未来を思い描き、また来年の抱負は「もっと家族と一緒に過ごす時間を増やす」だと即答するような、温かみに満ちた男だ。現在は短編小説を書き進めながら、演劇の道も模索しているというパオロ。彼の魅力に迫る。

どこに育ったかなど、あなたについて少し教えてください。
僕は完全な放浪者。物心ついたころからね。サーフィンは人生の大きな一部(10歳からやっている)。アウトドア志向だけれど、いつもはどこにでもいるアホなやつだよ。

あなたにとってモデリングとは?
僕にとってモデルの仕事とは、数奇な経験をさせてくれるもの。素晴らしいひとに出会えて、素晴らしい場所にたくさん行ける。世界を巡らせてもらえるのもモデルという仕事のおかげだし、「これは誰にでも与えられる機会じゃない」と心からありがたく思っている。

モデルになるというのは昔からの夢だったのでしょうか?
まったく。むしろ、モデルなんて馬鹿げていると嫌悪していたぐらい。だから何年も避けていたんだ。でもやってみたら素晴らしさがわかったよ。

モデルをやっていなかったら、今頃なにをやっているのでしょう?
学校を中退して大学に行き始めたときは、フォトジャーナリズムの勉強をして、いずれは戦場カメラマンになろうと思ってた。モデルになっていなかったら、その道に進んでいただろうね。

これまでのキャリアのハイライトは?
2年ほど前に、ジュディ・ブレイムのスタイリングでの撮影があったんだ。ブレイムは、1984年に『THE FACE』誌表紙の撮影で僕の父のスタイリングも手掛けた経験があるひと。「父をスタイリングしたスタイリストに、僕が今こうしてスタイリングしてもらっている」と考えると不思議な気持ちだった。人生の不思議を感じたというか。

ザ・エックス・エックスとのビデオ撮影について教えてください。緊張しましたか?
この作品については、何も気負いすることなくできたんだ。監督は写真家のアラスデア・マクレランで、彼とは過去に何度か仕事をしたことがあったから、今回のビデオ撮影もまた「撮影」でしかなかった。ザ・エックス・エックスは最高にクールでフレンドリーな人たちだったよ。撮影クルーも最高だった。撮影はほとんどが夜明け前スタートだったけど、終わりがいつも早めだったのはクルーのおかげだね。それと、ビデオに出てくるキッズはほとんどが現場近くに住んでいる地元のキッズたちで、パーティのシーンなんかはマクレランとクルーが作り出した雰囲気でキッズがどんどん盛り上がっていったんだ。

あなたが演じているキャラクターについて教えてください。
本当の自分を隠さざるを得ないと感じているキャラクターかな。

ビデオでは肌の露出が多いですね。ヌードについてはどう考えていますか?
裸になるのにはまったくこだわりがない。これまで全裸の撮影にも応じてきたことからもわかると思うけどね(笑)!

現在は俳優としてのキャリアを築こうとされているわけですが、自分ではない誰かを自分に見出していくということにはどんな魅力を感じていますか?
演技の世界には、偶然の流れで入り込んだ感じだよ。昔から映画が好きで、目の前に生きて動いてるキャラクターが実は俳優だってことを忘れちゃう、あの感覚が好きなんだ。

新年の抱負は?
もっと家族と一緒に過ごすこと。うちの家族は今、世界中に散らばってる状態だから。

あなたはどんな人たちのために戦っていますか?
それぞれの幸せをひたむきに追求する人たちのため。

世界を変えられるとしたら、何を変えたいですか? そしてなぜ?
スマートフォン依存だね。スマホは素晴らしいものだけれど、人とのつながりを希薄にしてしまう弊害もあると思う(僕も例外じゃなく、常にスマホにかじりだけど……)。

現在進めているプロジェクトは?
小説を書いてる。仕事の現場で、イギリスの出版社から依頼されて……インタビューで僕が話していた過去の話に興味を示してくれて、誘ってくれたんだよ。

Credits


Text Tish Weinstock
Paolo is with FORD Models
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
Music
the xx
on hold
fashion interviews
paolo gallardo