フランク・オーシャンがヴィジュアルアルバムを発表

ジャズミン・サリヴァン、アルカ、ジェイムス・ブレイク、ヴォルフガング・ティルマンス、そしてロンドン交響楽団までもがフィーチャーされている一大プロジェクトの全貌が明らかになった。

|
aug 24 2016, 8:09am

フランク・オーシャン(Frank Ocean)が、インターネットを騒然とさせた。今週初め、フランクのウェブサイトboysdontcry.coには、図工教室をフィールドレコーディングしたのかと思わせる程度の映像が連続してアップされていた。それがここにきて突如、映像に音楽が重ねられ、多くのファンはこれこそがかねてから『Boys Don't Cry』として完成を待ち焦がれていた彼の2作目のアルバムだと信じて疑わなかった。しかし、熱狂的ファンたちがboysdontcry.coでヴィジュアルをスクリーンショットに収めようと躍起になっているとき、フランクはなんと、Apple Musicで『Endless』と題した45分ものの映像作品を公開した。

配信元のApple Musicはこれを「ヴィジュアルアルバム」と表現している。『Endless』に収められた新譜の映像は、先にboysdontcry.coで公開されていた映像と同じ倉庫とおぼしき場所で撮影されている。

フランクのウェブサイトに映像がアップされた8月1日、多くの視聴者はそれをライブストリーミング映像だと信じて疑わなかった。しかし、記者たちは映像の端に映るトム・サックス(Tom Sachs)のアート作品が、現在ブルックリン美術館で展示されているものだと指摘。そこで記者からの取材を受けたサックスが、フランクの映像がライブストリーミングではないことを確認し、また映像は「昨年撮影されたもの」と明かした。

『Endless』は同じ空間で撮影されてはいるものの、ウェブサイトで公開されている映像では見られないクローズ・アップのショットやディテールを多数盛り込んでいる。クレジットには、かねてから噂されていた通りジェイムス・ブレイクや、フランス人ピアニストのクリストフ・シャソル(Christophe Chassol)などの名が見られる。プロデューサーにはアルカ(Arca)を迎え、ジャズミン・サリヴァンとサンファ(Sampha)らがコラボレーションボーカルとして参加している。アリーヤによるアイズレー・ブラザーズのカバーをさらにカバーしたナンバーや、写真家ヴォルフガング・ティルマンスの楽曲カバーも収録されている。

面白いのは、ティルマンスの『Device Control』がプロジェクトの一部としてクレジットに含まれている点。『Device Control』は、ティルマンスが9月16日に発売を予定しているEPのタイトルだ。このプロジェクトは、ティルマンスが「まだ詳細は明かせないけど、今後もっとたくさんのトラックを公開予定」としていたもので、ウィッチハウスのオリジネーター、セーラム(Salem)が再結成して5年ぶりとなる新譜を提供している。フランクのミックスもこれに含まれるのだろうか?

2015年4月、アルバム『Boys Don't Cry』の製作について自身のTumblrで発表した際、フランクは「ふたつのバージョンを考えている」と明かしている。当時はそれが何を意味しているのか不明だったが、『Rolling Stone』誌によれば、『Endless』と『Boys Don't Cry』はふたつの独立したプロジェクトであるといい、後者は今週末にも発売されるそうだ。

Credits


Text Emily Manning 
Photography Todd Cole
Photography assistance Alex Aristei
[i-D, The Royalty Issue, No. 318, Spring 12]
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.