カトリック教会の奥へ

池谷陸手がけるcomme je suis初となった2017年春夏コレクション。自身で製作し、展示会のみで上映されたという今季のショートムービーが公開された。

by Noriko Wada
|
25 October 2016, 4:58am

池谷陸が手がけるブランドcomme je suisが初のコレクションとなったspring/summer 2017のショートムービーを公開した。テーマは決めずに池谷自身が製作したというこのビデオは、都内の某カトリック教会に忍び込み撮影されたという。いつも遊んでいる友人たちをモデルに、どこか『スタンド・バイ・ミー』の死体を探す空気感が漂う。

「今回のショートムービーは、SNSでは一切公開せず展示会のみで上映しました。その理由は、SNSで見れば誰でも知った気になれてしまうからです」と池谷はSNS世代にもかかわらず、その距離の置き方を熟知しているようだ。

この感性の高い世界観を作り上げた池谷には、"若干16歳"という謳い文句はもはや必要ないだろう。ファッションデザイナーの枠にとらわれず、映像や写真などさまざまなクリエイションを広げる池谷の"遊びの延長"はどこまで広がるのか。

comme je suis 17SS Collection from comme je suis on Vimeo.

関連記事:16歳のデザイナー池谷陸:ロングインタビュー

Credits


Text Noriko Wada

Tagged:
Film
Fashion
spring/summer 2017
comme je suis
riku ikeya