バンコクの夜に捧ぐ

坂本慎太郎とVIDEOTAPEMUSICによる映画『バンコクナイツ』のトリビュート・レコードが発売される。

by Yu Onoda
|
05 December 2016, 4:37am

年公開の『サウダーヂ』がナント三大陸映画祭グランプリ、ロカルノ国際映画祭独立批評家連盟特別賞を受賞するなど、国内外で高く評価された映像制作集団、空族。その最新作にして、2017年2月下旬よりテアトル新宿ほかにて公開予定の『バンコクナイツ』。この作品のトリビュートとして、坂本慎太郎とVIDEOTAPEMUSICの連名作品がヴァイナル12インチ限定でリリースされる。

インスト曲を交えた4曲を収録した、この作品『バンコクの夜』は、古今東西のユニークな音楽の発掘、再発で世界的に注目を浴びている日本のレーベル、EM RECORDSがリリースしてきたタイ音楽アーカイブシリーズの音源をサンプリングで使用するという条件で制作。強烈なエキゾチズムを放つタイ音楽とディスコやダブ、エレクトロの要素が溶け合った世界が、聴き手を夢と現が交錯するバンコクの夜へと誘う、そんな作品になっている。

この両者は、映像作家でもあるVIDEOTAPEMUSICが制作を手掛けた坂本慎太郎「悲しみのない世界(You Ishihara Mix)」のミュージックビデオをきっかけに交流を始め、『バンコクの夜』は初の共作音楽作品として、12月10日のリリースを前に、大きな話題となっている。作品の到着を指折り数えつつ、まずは両者の交流のきっかけとなったミュージックビデオをお楽しみいただきたい。

Credits


Text Yu Onoda

Tagged:
Music
music news
Shintaro Sakamoto
bangkok nites
videotapemusic