グラフィティライター・ZESがカイカイキキで新作を披露

二分化されがちな赤と青、その2色に強い信念を託して。アメリカのグラフィティライターZESが個展「BENEATH THE SURFACE」で新作を披露。1月25日(金)から2月15日(金)までカイカイキキギャラリーにて開催。

|
25 January 2019, 6:59am


ZES. Santee. 2018. Mixed media on canvas. 1830 x 2130 mm.
Photo by Azim Ohm. Courtesy Kaikai Kiki Gallery.

アメリカ人アーティスト・ZESの個展「BENEATH THE SURFACE」が、東京・麻布のカイカイキキギャラリーで開催される。ZESはギャングによる暴力行為や政府主導で繰り広げられた麻薬撲滅キャンペーンなどでアメリカが荒廃を極めた1990年代に、グラフィティライターとしてのキャリアをスタートさせた。

荒れた生活環境のなかで、幼いころから精神的に自立していたZESは、ロサンゼルスの街を自らのジャングルジムのように利用。12歳でグラフィティを始めて以来、手が届かないほどの壁や建物の出っ張りに複雑なマーキングを残すことで、つねに自分自身に挑戦していたという。

15歳になるころには、伝説的なグラフィティ集団「MSK(Mad Society Kings)」の一員に。しばしば高層ビルやビルボードによじ登り、極限的な場所に野心に満ちた作品を描いた。

実験的かつアグレッシブなアプローチで、グラフィティ界のみならず世界のアートシーンに革命的な影響を与えたZES。長年にわたる危険なシチュエーションでの制作経験を通じて創出されたその作品は、ほかにない切迫感や剥き出しの感情が、スプレーやローラー、ブラシなどのZESとともにロサンゼルス各地を旅してきたツールによって色濃く表現される。

2012年には初のギャラリー展を行い、作品の支持体を壁からキャンバスにシフトした屋内展示にも挑戦。今回の個展では、赤と青という「色相」「シンボリズム」という2つの観点において真逆の関係にある2色に限定して描かれた最新のペインティングが紹介される。一連の作品群を通じてZESは、赤と青への第一印象に囚われることで生み出される、誤った二分化に異議を唱えるという。

作品はいずれも波乱と分断の様相を呈するいまのアメリカを、極端に単純化したり政治化したりする風潮から距離を置いたZESの、一個人としての成長や苦闘を象徴するもの。「BENEATH THE SURFACE」展では、ZESの孤高な精神性をもっとも純粋かつ率直なかたちで見ることができるだろう。

1548327942836-ZES_Venice_s
ZES. Venice. 2018. Mixed media on canvas. 1830 x 2130 mm. Photo by Azim Ohm. Courtesy Kaikai Kiki Gallery.

ZES個展「BENEATH THE SURFACE
2019年1月25日 – 2019年2月15日
開廊時間 :11:00 – 19:00
閉廊日:日曜・月曜・祝日
レセプション:2019年1月25日(金)18:00〜