ラフ・シモンズによるCalvin Kleinの再解釈——Calvin Kleinに新ロゴへ

新しいロゴを手がけたのはJoy Divisionのアートワークで知られるピーター・サヴィル。ラフ・シモンズによるCalvin Klein改革がとまらない。

|
feb 7 2017, 4:20am

ラフ・シモンズによるディレクションのもと、Calvin Kleinの新しいロゴが誕生した。イギリスのロックバンド、ジョイ・ディヴィジョンのアートワークで知られるアート・ディレクター、ピーター・サヴィルとのコラボレーションによって生まれたこのロゴは、2月6日の朝Instagramで初披露された。投稿のキャプションには「Calvin Kleinの新しいロゴを披露」と書かれている。「原点への回帰。このブランドの基礎と創始者への敬意。アート・ディレクターでありグラフィック・デザイナーでもあるピーター・サヴィルとのコラボレーション」

ラフ・シモンズは、これまでに、同ブランドのメンズとウィメンズ両ラインのプレタポルテ・コレクション合同開催や、クレマンデ・バージェヴィン・ブラクマン(Clémande Burgevin Blachman)のCalvin Klein Homeクリエイティブ・ディレクター指名、そしてオーダーメイド部門Calvin Klein by Appointment再活性化の方向性を打ち出すなど、新Calvin Kleinのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして着実に任務を果たしている。

ラフ・シモンズが手がけて初となるCalvin Kleinコレクションは、ニューヨーク・ファッションウィークで2月10日の午前10時に発表される。

Credits


Text Isabelle Hellyer
Image via Instagram
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.