2017年の写真家:東海林広太

新たな年の幕開けに、新たな才能が作り出す新たな世界観を——i-Dは今年大きな飛躍を見せるであろう写真家を紹介。i-D JAPANでもお馴染みの東海林広太のルーツを訊いた。

by i-D Staff
|
30 January 2017, 3:05am

東海林広太, 33歳

育った環境について、そしてあなた自身について教えてください。
東京の郊外の小さな街で育ちました。

写真に興味を持ったきっかけは?
スタイリストで撮影をしていて。

写真にそこまで惹かれるのはなぜですか?
自分の作品をギャラリーや本で見てもらえること。

どのように、どこで写真を学びましたか?
独学です。

誰もしくはどんなものにインスパイアされますか?
自分の周りの大切な人、美しい風景、恋人と過ごす時間。

いま一番誰を撮りたいですか?
荒木経惟。

写真家で敬愛しているひとはいますか?
東松照明、牛腸茂雄、ブルース・ウェーバー、ロバート・メイプルソープ、ピーター・リンドバーグなど。

いままでのあなたの経歴のハイライトは?
i-Dで仕事ができたこと。

これからの夢と希望は?
海外のアーティストと仕事がしたいです。

Credits


Photography Ko-Ta Shouji

Tagged:
new genuary
ko-ta shouji
shouji ko-ta