注目すべき謎の音楽ユニットGold Fir

イギリスで密かに注目を集め始めているユニットGold Fir。全てが謎に包まれた彼らにコンタクトを取り、インタビューを行った。

by Tish Weinstock
|
04 August 2016, 3:20am

Gold Firは、幻想的な音楽を作る新たなデュオである。マベルとジェームズというふたり組がやっているということ以外、彼らに関する情報はない。誰一人として彼らについて知るひとはおらず、ふたりともロンドン生まれの幼馴染で、音楽性や作曲のセンスを共有してきたことさえ知る者はいない。彼らのユニット名Gold Firもまた謎めいている。「Gold Firは色々な意味になりうる」。ミューズは「僕たちにかかれば、それはファンキーにも大胆にもなるし、真面目だったり、悲しげだったり、愉快なものにだってなり得るんだ」。しかし、彼らにとって、Gold Firは単なる音楽以上の存在なのだろう。

現在、彼らは新たなEPの製作に取り掛かっているようだ。それが全編にわたり、先日公開された「Night Walk」のようなテイストであるなら、あなたは80sの大胆で心に届く輝きを呼び起こされて、十中八九歓喜するだろう。i-Dは今回、彼らにコンタクトを取り、インタビューを行った。

Gold Firのルーツはなんですか?
僕たちはずいぶん長い付き合いになるんだけど、共通していたり、あるいは異なる音楽性を融合させて作曲をしているんだ。お互い作曲するのがどんどん楽しくなっていって、その結晶のような音楽にたどり着いた時、Gold Firは生まれたんだ。Gold Firは色々な意味になりうるんだ。僕たちにかかれば楽しかったり、ファンキーであったり、大胆だったり、神妙な感じだったり、悲しげに、そして喜ばせることだってできるんだ。作曲は出来るかぎり大胆に、そして楽しく取り組んでいるよ。だからGold Firは進化し続けられるんだ。

あなたの美学を教えてください。
進化し続けること、受け入れること、心から楽しむこと。

何に、また誰に刺激を受けますか?
色々なことからだよ。ミュージシャンや場所、友人、それから映画。様々なことから取り入れることが出来るようにアンテナは広く張っているよ。

ロンドンをベースに活動するアニメーター兼ディレクターのジャック・ブラウン(Jack Brown)とミュージックビデオでコラボレーションしていますね。その背景にはどんなコンセプトがあったのですか?
「Night Walk」のビデオは、夜の時間とその活気、そしてそこに溢れるエネルギーを賛美しているんだ。コンセプトは、手描きのアニメーションとデジタル映像との自然な融合だよ。いったい何が起こっているか分からないと思うよ!

もし共演できるなら誰としてみたいですか?
エイミー・ワインハウスだね。素晴らしい作曲家だし、僕たちが聴いてきたなかで一番の歌手だよ。

初めて買ったアルバムを教えてください。
マイケル・ジャクソンの「Thriller」。

あなたのダンスアンセムはなんですか?
レッタ・マブールの「Nomalizo」。

人には言えないけど好きな曲を教えてください。
シスコの「Thong Song」。

今までにもらった最高のアドバイスはなんですか?
「とりあえず、踊りなさいよ」

今取り掛かっていることについて教えてください。
新たなEPに向けた作曲とライブの練習かな。

今後の目標と夢を教えてください。
進化し続ける曲を生み出し続けることと、それを楽しむことかな。僕たちはコラボレーションするのが好きだから、Gold Firの音楽に協力してくれるミュージシャンを探しているよ。それと、世界平和もね。

Credits


Text Tish Weinstock
Translation Tatsuki Nakata

Tagged:
music interviews
gold fir
jack brown
night walk