BALENCIAGAが世界で最も人気のあるブランドに

厚底のクロックスシューズやバーニーに影響を受けたブランドづくり、そしてパンタシューズが人気の秘密について。

by Emily Kirkpatrick; translated by Aya Ikeda
|
nov 13 2017, 5:05am

This article was originally published by i-D US.

GUCCIが展開するファー付きのミュールや襟元にリボンのついたブラウス、トロンプルイユドレスの人気は今後も継続していくだろう。しかしLystが出した最新のデータによると「世界で最も愛されているブランド」の地位を脅かすライバルが出現しているという。

『Business of Fashion(BoF)』誌とファッション業界の検索プラットフォームを提供しているLystが世界で最も人気のあるファッションブランドを決めるために共同で調査を行った(2017年度の第3四半期)。調査員はLystに登録する1万2000のブランド、500万種類の商品、年間6500万人を超える顧客情報により生み出された1時間あたり450万ものデータを分析したという。

その結果、優勝ブランドはBALENCIAGAであることがわかった。パリ生まれの彼らがここ四半期の間トップを守ってきたGUCCIに勝ったのである。デムナ・ヴァザリアが見据えるヴィジョンを証拠に、Vetementsも同じく4位と四半期の人気のブランド入りを果たしている。

調査では人気の下降が見受けられたGUCCIだが、BoFは「彼らは有名ブランドの中で圧倒的な人気を誇っているブランドである」と付け足した。前期の調査で2位となったYEEZYが今回の調査でランキング入りしなかったのも特筆事項だろう。その一方でカニエ・ウェストの友人でコラボレーターでもあるヴァージル・アブローがデザイナーを務めるOFF-WHITEが34位から3位に躍りでる人気ぶりを発揮した。その他Givenchyが5位、VALENTINO、SAINT LAURENTがその後に続いた。

関連記事 話題の2017年秋冬広告キャンペーンから学ぶ人生の教訓