『ストレンジャー・シングス 2』:エピソード1が公開

ホーキンスの町はもうすぐ深夜——邪悪なやつらが闇を徘徊する……。

by Matthew Whitehouse; translated by Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.
|
31 October 2017, 9:55am

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン2の配信開始が10月27日から始まった今、i-Dが読者にエピソード1について判明したことをお話ししよう。

<あの仲間たちが帰ってくる!>
昨シーズンの出来事から1年後、あのメンバーは自転車で走り回り、トランシーバーで交信し合う"仲間"のまま。そして、嬉しいことにわたしたちが記憶している子どものままだ。彼らの地元にあるゲームセンター<Arcade>に設置されたビデオゲーム「Dig Dug」で、ダスティンはハイスコアを叩き出す。しかし、すぐに "マッドマックス"という謎の人物がさらなる高得点を叩き出して最上位に躍り出る。彼らは、この"マッドマックス"が誰なのかを突き止めようとする——この""マッドマックスはいったい何者なのか——そして、モンスターを退治するためにプレイヤーが地面を掘っていくゲーム「Dig Dug」は、ストーリーと何の関連があるのか……ないわけがないだろう。

<新しい登場人物>
青空のカリフォルニアから少女が転校してくる。ドイツの"ヘアーロック"バンド、スコーピオンズの「Rock You Like A Hurricane」が流れる教室へ。彼女は、80年代の若者たちがBMXを手放してでもマスターしたいと憧れたスケボーのトリックを披露する。ダスティンとルーカスは彼女にご執心のようだが、マイクは昨シーズンの中心人物、イレブンのことが忘れられないようだ。寂しそうにトランシーバーに耳を澄ましたり、哀愁漂うシンセポップばかり聴いている。可哀想なマイク……。

<裏側の世界"アップサイド・ダウン"はまだそこにある>
シーズン1でパラレルワールドの"アップサイド・ダウン"に囚われていたウィル・バイヤーズ。救出されて1年が経ったシーズン2では、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみ、学校でのいじめ、さらにはホーキンス国立研究所で被験者としての実験へ強制的に参加させられている。また、ゲームセンター<Arcade>で1年前の辛い出来事のフラッシュバックに襲われる——数週間のうちに2度も......。ウィルの母親ジョイスはボブという男と付き合っている。家電製品店で働きケニー・ロジャースを好んで聴くボブ……ねえジョイス、これ以上ウィルを混乱させないでくれないか?

<バーブがいまだに行方不明!>
ナンシーとスティーヴが、バーブの両親からディナーに招待される。彼女の両親は、行方不明の娘を捜し出すために調査官を雇うつもりだと明かす。この調査は前途多難な様子。調査官は警察官ジム・ホッパーのもとを訪れ、ホーキンスの町をしらみつぶしに歩き回る……。町にはハロウィンムードが漂っているが、店に並べられたパンプキンは誰の仕業か毒が盛られている。バーブを捜す調査官は気にも留めていないようだが……。

ストレンジャー・シングス 未知の世界 2』は、Netflixで配信中。