via Vimeo

なんでこんなに心地良いのかよ?! 世界が垂涎するアニメ飯の紹介インスタ〈アニメ・フーディ〉

そう、それは飯テロの向こう側。アニメフードだけを集めて、世界中に癒しをもたらしているInstagramアカウント〈@anime.foodi〉。その管理人である20歳の大学生、クリスティーナに直撃インタビュー。

by Mitch Parker; translated by Ai Nakayama
|
26 February 2020, 5:34am

via Vimeo

アニメの食事シーンほど幸福感に満たし、リラックス効果を与えてくれるものはない。自分の好きなアニメ作品を思い出してみると、『千と千尋の神隠し』の豪勢な食事や『崖の上のポニョ』のラーメンづくりのシーン、『セーラームーン』シリーズで時折登場するお弁当のシーンなど、必ず温かな食事の風景が脳裏に蘇ってくる。

アニメにおける料理/食事シーンには、色彩、動き、料理の完璧な二次元表現に、実に魅力的な何かがあるのだ。

Instagramであらゆるアニメフードを紹介しているのが、@anime.foodiというアカウントだ。アニメ内の食にまつわるシーンのキャプチャやカスタマイズした動画を何百も掲載している。アカウント創設からわずか1年だが、現在フォロワー数は9万人に届きそうなほどで、その勢いはとどまるところを知らない。

アカウントの管理人は20歳の大学生、クリスティーナ。熱心なアニメファンで、アニメにおける料理/食事シーンを常に収集しているという。i-Dはクリスティーナにインタビューを敢行。彼女のお気に入りのシーンや、アニメの料理/食事シーンがなぜこんなに心地よいのかを尋ねた。

──@anime.foodiを始めようと思ったきっかけは?

私はもともとアニメが大好きで、アニメに出てくる食事はいつもおいしそうだと感じていたんです。ヴィジュアル的にも、アーティストのみなさんが毎話細かいところまで仕上げていると思うと驚きです。InstagramでもTwitterでも、アニメフードに特化したアカウントはないな、と気づいて。自分も好きなら、他の人もきっとアニメフードが好きじゃないかな、と思ったんです。

──優れたアニメフードには何が必要だと思う?

美しい細部、目を惹くような色彩とエフェクト。それに音も重要。特にASMRのようなサウンド。感覚的に心地よくて、多くのひとの心を和ませてくれるような。

──投稿のネタはどうやって見つけてる?

YouTubeで好きなアニメを検索したり、フォロワーに、このアカウントで扱うべきアニメを聞いてみたり。

──動画のカットや編集は自分で?

そう。ここに投稿している動画はすべて自分で編集しています。サウンドの調整も。

──現在(2019年1月取材当時)4万人以上のフォロワーを抱えていますが、このアカウントが人気の理由は何だと思いますか?

このアカウントは、みんなにとって心を和ませるような存在なんだと思います。リラックスできるし、好きなアニメやそこに登場する食べ物を観るだけで、単純に満足感を得られる。このアカウントを運営しているうちに、みんなもこういうシーンを観ると落ち着くんだな、と知れたのがうれしいですね。

──あなたが気に入ってる投稿は?

この動画です。落ち着くし、リラックスできるし、まるでおばあちゃんにハグされてるみたいな気持ちになる(笑)。 あと、スイーツや朝ごはんを集めて、BGMに「Coffee」っていう曲を当てた動画も気に入ってます。でも一番はこれ。『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』という作品のシーンを切り取った動画ですが、これはアニメフード界において絶対的なトップに君臨していると思います。超おすすめです。

──アニメに出てくる料理って、どれもすごくおいしそうですよね。実際アニメで観て、自分でも作ってみようと思った料理ってありますか?

はい、YouTubeには、アニメフードを再現する料理動画がたくさん投稿されてるので。自分でも『ポニョ』に出てくるラーメンを作ったことがあります。すごくおいしかった! でも、料理が得意なわけじゃないので、信用しないほうがいいかもしれないです(笑)。

This article originally appeared on i-D AU.

Tagged:
Film
Food
Instagram
Anime
Miyazaki
aesthetic
hayao miyzaki