パティ・スミスによるNICOへの詩的なトリビュート

サウンドウォーク・コレクティヴとパティ・スミスが再びコラボ。ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのNICOの作品に新たな風を吹き込むアルバム『Killer Road』を完成させた。

by i-D Staff
|
21 June 2016, 7:06am

パティ・スミスとサウンドウォーク・コレクティヴが、2014年に行ったパフォーマンスの数々をまとめたアルバム『Killer Road』の発売を発表した。ステファン・クラスニャンスキ、シモーネ・メルリ、カムラン・サデギの3人が織りなす国際色豊かで、空気を包み込むようなサウンドに、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのニコが書いた詩を朗読するパティの声が重なる。

また、ミュージシャンでアクティビストでもあるパティの娘、ジェシー・パリス・スミスは今回のアルバムでサウンド・コレクティヴとコラボレーションを果たしている。彼らはこのアルバムを「永遠に続くモーションと、生と死のサイクルに対する睡眠的な瞑想」だと話す。パティが『ファクトリー・ガール』(2006)で歌った、ニコ特有のハーモニーも睡眠的なサウンドスケープをさらに助長している。2013年、『Zoo』誌が行われたインタビューのなかで、ニコの重要さについてパティは次のよう語っている。「女性アーティストである彼女があの時代、60年代初期にあそこまで大胆な曲を派手にパフォーマンスしたのは本当にすごいことだった」

Killer Road』は9月2日(金)にリリース予定。

Credits


Text Clementine de Pressigny
Photography Klaus Hiltscher via Flickr

Tagged:
Patti Smith
Nico
Soundwalk Collective