世界で活躍する日本人アシスタントたち:ロンドン・ベルリン編

世界のトップアーティストたちを支える日本人のアシスタントに、アシスタントの心得やボスからのアドバイス、海外と日本での違いについて訊いた。

|
jan 12 2018, 8:53am

Kazami ロンドン在住
Masha Mombelliアシスタント
アシスタントを始めたきっかけは? 自分がロンドンでスタイリストとして活動するためにロンドンのリースシステムと雑誌業界を勉強したかったからです。
あなたの役割は? ボスが円滑に、気持ちよく仕事ができるようにアシストすること。
心にとめておくべき最も大切なことは? 先を予測して動くこと。
海外でアシスタントをすることで大変なのは? 読み書きと会話、両方での語学の面。それと、これはスタイリストアシスタントの場合ですが、知らないヨーロッパブランドがたくさんあり、そのブランド名が会話に出ただけでハテナになることが多くて、今でも大変です。
海外にきてよかったと思うことは? 生活、語学、クリエイション、すべての面で勉強すること。
アシスタントをしていて一番嬉しかったことは? 日本にいたときは紙面でしか見れなかったような撮影現場に同行できることです。
この仕事で叶えたい夢は? Mashaのように誰もが知ってるような雑誌の編集ページのスタイリングをすること。

トモ・イネナガ ロンドン在住
David Simsアシスタント
アシスタントを始めたきっかけは? 当時の彼のアシスタントからメールをもらったのがきっかけです。
心にとめておくべき最も大切なことは? アシスタントはプロフェッショナルジョブ!
デヴィッド・シムズのアシスタントをしていて大変なのは? プレッシャーのなかで一つのことに集中しながら全体を見ること。あと緑茶の温度かな。
海外でアシスタントをすることで大変なのは? 大変なことは日本でも一緒。でもやっぱり言葉。
海外にきてよかったと思うことは? デヴィットと仕事が出来ること。
ボスからもらった最も価値あるアドバイスは? 赤いカーペットは気にするな。写真をみろ。
いままで一番の失敗は? ロサンゼルスで水分補給が足りず脱水症状で半日セットに戻れなかったこと。
この仕事で叶えたい夢は? 世界平和。
いつかこの人と仕事がしたいという人は? いつかって言うのはないかな。今があるので。

福田明日香 ロンドン在住
Matina Lattanziアシスタント
アシスタントを始めたきっかけは? Martinaがファッションウィークのアシスタントを探していて、私がコンタクトしたこと。
あなたの役割は? 彼女が一番やりやすい状態でメイクができるようにサポートすること。
心にとめておくべき最も大切なことは? 尊敬と感謝の気持ち。
海外でアシスタントをすることで大変なのは? 一番はやはり英語。英語が元から話せた訳ではないので、特にブリティッシュアクセントは理解できない時も多々あり、今でも苦戦します。
ボスからもらった最も価値あるアドバイスは? 常に強い気持ちでいること。
いままで一番の失敗は? 初めての彼女のアシスタントでFWの時に、自分のメイクバックを持っていくのを忘れてしまったこと。
アシスタントをしていて一番嬉しかったことは? アシスタントをした撮影の写真がマガジンとして発行されて、アシスタントとして私の名前が初めて掲載されたとき。
あなたのなかの一番の喜びを教えてください。 アシスタントをした1日の終わりに、今日もありがとうと毎回笑顔で言ってもらえること。

大岩 翠 ロンドン在住
LOVE Magazine・Oliver Volquardsen / Nao Koyabuアシスタント
アシスタントを始めたきっかけは? 元々日本にいたころからLove Magazineが大好きで、思い切って手紙を書いたところ今のボスにあたるOliverがすぐに連絡をくれました。Naoさんのスタイリングも日本にいたころから好きで、アシスタントに応募したことがきっかけです。
心にとめておくべき最も大切なことは? ファッション業界は理不尽なこともたくさんあります。でもどんな状況でも泣かないことですね。泣いたらそこでおしまい、もう呼んでもらえなくなってしまうので。まぁいい大人なら普通のことだとおもいますが、意外と泣いてしまう子が結構多いです(笑)
ボスからもらった最も価値あるアドバイスは? Oliverがよく言っているのは「失敗してもいい、続けることが大事」
いままで一番の失敗は? 頼まれたことが当時のわたしには難しく、やる前にできないと断ってしまったこと。できそうになくてもチャレンジする、やろうとする意志を見せることが大事です。
この仕事で叶えたい夢は? 最終的に叶えたいのは、もっと日本のファッション雑誌をおもしろくすることです。もちろんおもしろい雑誌が日本で売れるのかという問題はありますが。
いつかこの人と仕事がしたいという人は? Tim WalkerとSølve Sundsbø。もちろん今お世話になってるボス2人ともいつか一緒に仕事がしたいです。

齋藤美沙 ベルリン在住
塩田千春アシスタント
あなたは何をしてる人? 制作アシスタント。
アシスタントを始めたきっかけは? 以前のアシスタントスタッフの紹介で。
あなたの役割は? アイディアの実現のために手を尽くすこと。
心にとめておくべき最も大切なことは? そのアーティストの視点を自分の中に持つこと。
アシスタントをしていて大変なのは? スウェーデンでの搬入の際、マテリアルが予定日に届かなかったり、使い物にならなかったりしたこ と。
海外にきてよかったと思うことは? 視野、コミュニティ、知見、経験、自分の中のあらゆる可能性が広がったこと。
ボスからもらった最も価値あるアドバイスは? とにかくやってみないと。絶対になんとかなるから。
いままで一番の失敗は? 出張への飛行機に乗り遅れたこと。
この仕事で叶えたい夢は? 一表現者として独立しアシスタントを卒業すること。

鈴木詠一 ベルリン在住
FRANK LEDERアシスタント
あなたは何をしてる人? 主な仕事としては、パターンメイキングです。フランクのデザインを型紙に起こしたり、パターンを引いている時に気づくディテールの場所やサイズ、形などの提案もします。
アシスタントが心にとめておくべき最も大切なことは? 2重3重のチェックをしてこちらで防げるミスを防ぐことです。
アシスタントをしていて大変なのは? パターンメイキングを手で全て行っており、特に生産に使うパターンのグレーディングは量が多いので骨が折れます。手で引くのはとても勉強になりますが、時間に追われるとCAD等のパターンメイキングソフトを羨ましく思う時があります。
ボスからもらった最も価値あるアドバイスは? やったことがなくても、とりあえずやってみようです。フランクは常に手を動かして何かを作っています。そこから出来上がるものはどれもフランクらしさが出ている良いものばかり。すぐ誰かやネットに頼るのではなく、試して失敗して次はこうしてみようという試行錯誤の繰り返しが良いものを生み出すのかなと思います。
いままで一番の失敗は? サンプル作成のオーダー時に違う生地を送ってしまい、出来上がってきた服が違うものになってしまったことです。再度作ったので、余計な時間とお金がかかってしまいました。
この仕事で叶えたい夢は? フランクが母国ドイツに戻ってきたように、私も将来日本に戻り、最終的には地元に戻り、いつかすべて地元で生産した服を海外に広めたいです。

本柳寛子 ベルリン在住
BLESS / Ines Kaagアシスタント
あなたは何をしてる人? キュレーター、バイヤー、コーディネーター。
アシスタントを始めたきっかけは? インターンをしたあとに、たまに声をかけてもらうようになって。
あなたの役割は? 制作やプロダクション管理のサポート。
心にとめておくべき最も大切なことは? 彼女が自由にアイディアを遊ばせられるように、そのほかのサポートはできる限りスピーディーに、そして良いクオリティーで!
アシスタントをしていて大変なのは? (彼女の頭の中は最後までシークレットなまま進行するので、ペースを把握するのがむずかしい……。)
ボスからもらった最も価値あるアドバイスは? ものごとを自分の眼でよく観察しなさい。
アシスタントをしていて一番嬉しかったことは? 彼女や友人、スタッフなどとBLESS HOMEで開かれるささやかなパーティーのひとときはいつも幸せ!!
この仕事で叶えたい夢は? キュレーターとして彼女たちと日本で仕事をすること(ただいま計画中です!)

Credit


Photography Piczo(London)and Tereza Mundilová(Berlin)
Edit Ayana Takeuchi
Coordinator in Berlin Yukiko Yamane