Photo by Ko-ta Shouji

ジュリア・サー・ジャモアについて知っておくべき10のこと

90年代を彷彿とさせるインパクトの強いトレーナーにデニムとスニーカー。シンプルだけど、愛嬌を感じるのは着ている本人の魅力そのものの表れ。2018年、Nikeのアンバサダーにも選ばれ、今後さらに注目を集めていくであろうスタイリスト、ジュリア・サー・ジャモアの魅力と東京滞在の裏側に迫る。 

|
apr 4 2018, 12:12pm

Photo by Ko-ta Shouji

Julia Sarr-Japmis at Shinjuku TokyoPhoto by Ko-ta Souji

1.住んでみたい国はダブル”J”
「父はセネガル人で母はフランス人だけど、どっちの国にも住んだことがないの。生まれも育ちもロンドン。でも、長くいればいるほど愛情が薄れていっているような気がする。いまは仕事のおかげで海外で過ごすことが多いし、行ったことのなかった国にたくさん行けるようになったからかもしれない。その中でも、もし住む国を選べるのならジャパンかジャマイカ、”J”のどちらかがいいな(笑)」

2.緑茶が大好き
「イギリス人が日常的に紅茶を飲むように、私も日本滞在中は緑茶をたくさん飲むの。抹茶はお土産に持って帰りたいくらい大好き。今日も空港に行くまでにはまだ少し時間があるから、買って帰るつもりわ! どこかいいお店知ってる?」

3.買い物は中野ブロードウェイ
「今回の来日中に一番時間を費やした場所が、中野ブロードウェイ。建物自体が面白いし、中にあるのはどれも面白いお店ばっかり。日本のステッカーや文房具をたくさん買った。他にもたくさんショッピングもしたわ。文房具だけじゃスーツケースはパンパンにはならないからね(笑)」

4.カラオケではディズニーソングを。
「今回の滞在でカラオケに行っていろんな曲を歌ったけど、私のお気に入りはディズニー。アラジンの「ア・ホール・ニュー・ワールド」はその中でもお気に入り。デュエットだから自分へのプレッシャーも少なくなるしね(笑)」

6.次のスニーカーはNikeのMONARCH(モナーク)
スニーカーは100足以上持っているというジュリア。ナイキ「UNLACED」のキュレーターとしても活躍する彼女が注目するアイテムは?「モナークは30年くらい前からあるモデルなんだけど、新しいカラーが発売されるの。そのバリエーションが本当に可愛い。オールブラックやオフホワイトのものあったりして、ナイキがこれから出すコレクションの中でも、それが私の今一番のお気に入りのスタイルかも」(*ナイキが展開する新たなデジタル/リテールコンセプト「UNLACED」 (現在はUS、UK展開のみ)

NIKE AIR MAX 95

7.セネガルで行なった撮影は必見
「今までたくさんの撮影に関わらせてもらったけど、その中でも一番思い出深いのが今回日本でも一緒に撮影をした写真家のハーリー・ウィアーと一緒にセネガルで行ったシューティング。フォトストーリーの他にもビデオクリップもあるのでぜひ見てほしい」

8.日本のファッションに共感
「日本に最初に来て、街を歩いて思ったのが本当にみんなおしゃれ! ファッションに対する基準自体がやっぱり高い気がした。それに本当にみんなそれぞれのスタイルを持ってる。オーバーサイズを着ている人が多いなと思ったけど、私もオーバーサイズにハマっているから、なんだか嬉しくなった」

9.ミニマルなコーディネートにいつも役立つスーツ
「スーツは普段でも旅に行くときでもとっても役立つアイテムのひとつ。何着かあるだけで、セットアップでも着れるし、ジャケットとズボンを別々にしてもコーディネートできる。ひとつのアウトフィットで、何種類もスタイルが提案できる」

10.今まで壊れたスーツケースは数知れず
「今使っているものでさえ、ジッパーが片方しか閉まらなかったり、ハンドルが取れたり。スーツケースって、一生とまでは言わないけどかなり長く保つようにできてると思うんだけど、きっと私のようにクレイジーなほど旅をする人用にはできてない(笑)。まあ、私が普通じゃないだけなんだけどね」