ウォーホルがデイヴィッド・ホックニーを捉えた、10枚の未発表ポラロイド写真

アンディ・ウォーホル財団が、デイヴィッド・ホックニーへの誕生日プレゼントとして、彼が映った10枚の未発表ポラロイド写真を公開した。

|
jul 7 2017, 6:47am

2017年6月9日、画家のデイヴィッド・ホックニーが80歳の誕生日を迎えた。それと前後してアンディ・ウォーホル財団は、アンディ・ウォーホルが撮りためていた膨大な数の写真を見直していた。そして、彼らはホックニーへの誕生日プレゼントにうってつけの作品を発見した。ウォーホルがホックニーを撮影した、10枚の未発表ポラロイド写真が見つかったのだ。1970年代初頭に撮られたそれらの写真は、当初ウォーホルが創刊した雑誌『Interview』に使われる予定だったそうだ。

財団はまた、ウォーホルがつけていた日記の中にホックニーに関する記述も見つけた。「デイヴィッド・ホックニーがランチをしに来てくれ、ヴィンセント・フレモントがホックニーの映像を撮った。撮影後、ホックニーは別室に移動し、インタビューに応えてくれた」と書いた後、ウォーホルは、「ホックニーは可愛い。奇跡のよう」と書き添えていたという。

ポラロイド写真に映るホックニーは、ニットタイにチェックのシャツ、上質なニットという70年代ならではの装いで、魅力的な存在感を放っている。キュートだが間抜けな印象も残す丸眼鏡--そして、"ホックニー・ヘア"としか言い表しようのない髪型。ホックニーがこちらを誘惑をするかのように小指を口に含んでいる写真もある。またほかの1枚では、まるでロダンの「考える人」のように顎に手をあてている。そこに映ったホックニーは、圧倒的な魅力を放ち、なんとも可愛らしい。

先日閉幕した、テート・ブリテンでのホックニー回顧展は、16週間の開催期間中に計50万人が来場し、テート史上もっとも高い人気を誇る展覧会となった。『Guardian』紙によれば、1日あたりの来場者数は約5000人だったそうだ。展示は、ホックニー同様に素晴らしいものだった。そして、今回発表されたポラロイド写真も素晴らしい。お誕生日おめでとう、デイヴ!

Credits


Text Felix Petty
Photography courtesy The Andy Warhol Foundation