Tia wears shirt The Kooples Sunrise. Jewellery model's own. Nadine wears shirt The Kooples. Hat and jewellery model's own. 

「愛はこの世でもっとも美しい責任」:イギリスに暮らす4組のカップル

愛とはなにか?「受容」「強さ」「優しさ」、それはさまざまな形で感じられるものだろう。カシオン・メイヤーズいわく、それは「この世でもっとも美しい責任」だそうだ。この世に愛ほど素晴らしく、そして美しいものはない。ジプシー的生き方のエレガントなロックンローラーたちに捧げる「サンライズ・コレクション」を発表したファッション・ブランドKooplesの協力を得て、i-Dは、...

|
25 juli 2017, 11:39am

Tia wears shirt The Kooples Sunrise. Jewellery model's own. Nadine wears shirt The Kooples. Hat and jewellery model's own. 

This article was originally published by i-D UK.

ティア・サイモン・キャンベル(25歳)とナディーン・デイヴィス(21歳)

ふたりの出会いは?
ティア:共通の友達が、大学の課題で映像作品を作らなきゃならなくて、その出演者を探していたの。ひどい脚本だったけど、その友人を助ける意味で出演することにした——そうしたら、ナディーンが監督として参加していて。映像はありがたいことにお蔵入りになってるわ!
ナディーン:それ以前から数年間、ネットでティアを見かけて気になっていたんだけれど、ミュージックビデオの撮影に、たまたま彼女が参加していて——そこから関係が始まった。
お互いの第一印象は?
ティア:「なんて魅力的なひとだろう」って思った。
ナディーン:彼女のことをもっと知りたいと思った。
初デートについて教えてください。
ティア:猫を主題にした展覧会!
ナディーン:ニュークロス地区にある最低のトルコ料理屋に行った。緊張しすぎて、目も合わせられなかった。
相手にした最もロマンチックな行動は?
ティア:わたしの誕生日に、エルダーフラワー・コーディアルを20本買ってくれたこと。
ナディーン:ベルクハインでプロポーズしたこと。
3つの単語で、ふたりの関係を説明してください。
ティア:「支え合い」「クリエイティブ」「威風堂々」。
ナディーン:「遊び心」「野心的」「情熱的」。
お互いを言葉で説明してください。
ティア:ナディーンは繊細で、ひとの気持ちに敏感で賢いひと。
ナディーン:魅力的。
お互いの一番好きなところは?
ティア:ナディーンがとてもクリエイティブに、ブレずに生きているひとであるということ。そして、クラブナイトBBZで、有色人種のクィア、トランスジェンダー、インターセックスのひとたちに安全な場所を与えているひとであるということ。
ナディーン:彼女の強さと優しさ。
愛とは何だと思いますか?
ティア:寝起きのわたしの口臭に耐えてくれる、ナディーンの理解と優しさ。
未来にかける夢や希望は?
ティア:個人、恋人同士、そしてコミュニティとして成長していくこと。
ナディーン:バビロンの打倒。

Tia wears shirt The Kooples Sunrise. Jeans, bra and jewellery model's own. Nadine wears shirt The Kooples. Jeans model's own. Hat and jewellery model's own. 

Donnika wears suit The Kooples. All jewellery and shoes model's own. Ed wears top The Kooples Sunrise. 

ドニカ・キャスリーン・アンダーソン(23歳)とエド・フィリップス(24歳)

ふたりの出会いは?
ドニカ:彼がロンドンのポップアップストアで働いていたの。わたしの友達もそこで働いていてお店に寄ったときにエドがいた。そのまま夕方までいたわ。
エド:当時、僕はまだベルリンに住んでいたんだけど、仕事でロンドンに来ていた。働いていたお店で出会ったんだ。
お互いの第一印象は?
ドニカ:クールだと思ったし、とても興味を惹かれた。でも、それ以上は何も考えなかった。彼はわたしになんて興味を持たないだろうと思ったから。
エド:ときが止まったようだった。こんなにクールで可愛い子がいるのかって。
初デートについて教えてください。
ドニカ:うちの庭でピクニックをした。
相手にした最もロマンチックな行動は?
ドニカ:わたしのためにイギリスに越してきてくれたこと。そして、夏のあいだは彼のためにデヴォンで過ごしたこと。
エド:彼女と一緒にいたくて、イギリスに引っ越したんだ。
3つの単語で、ふたりの関係を説明してください。
ドニカ:「夢中」。
エド:「夢中」。
お互いを言葉で説明してください。
ドニカ:外見も内面も美しく、優しく、誠実で、才能に溢れている。そして我慢強くわたしと付き合ってくれている(笑)。
エド:もっとも親密な関係の親友。
お互いの一番好きなところは?
ドニカ:いつでも「愛されていて安心」と感じさせてくれるところ。彼が撮る写真とタトゥーも好き。
エド:言葉にするのはすごく難しい。
愛とは何だと思いますか?
ドニカ:いろんな種類の愛があると思う。それをすべて分類して考えるのは、今は無理。
未来にかける夢や希望は?
ドニカ:一緒に何かを作っていきたい。サーフショップを立ち上げたり、図書館を作ったり……。24カラットのゴールドの指輪をもらったり(#JokingNotJoking)。
エド:これからも一緒にものづくりをしていきたい。写真の世界でひたすら頑張って……ジリ貧生活は勘弁したいな。

Donnika wears suit The Kooples. All jewellery and shoes model's own. Ed wears top and trousers The Kooples Sunrise. Shoes model's own.

Kacion wears shirt The Kooples Sunrise. Jeans The Kooples. Elijah wears shirt and jeans The Kooples Sunrise. Chain and briefs model's own.

カシオン・コール・ルーク・メイヤーズ(21歳)とイライジャ・オサジエ(28歳)

お互いの第一印象は?
カシオン:「なんて可愛い笑顔だろう」と「なんて最悪なエアフォース1を履いてるんだろう」。
イライジャ:可愛くて、純粋な感じ。ショッピング・センターでiPhoneケースをひとつ手にとって、ああだこうだと細かく文句を言っていて、ニヤニヤしてしまった。
初デートについて教えてください。
カシオン:仕事終わりのイライジャを連れて、モザンビーク&ポルトガル料理の店<Nando's>に行った。
相手にした最もロマンチックな行動は?
カシオン:突然、僕のためにその場に居合わせたひとたちにカミングアウトをし始めたんだ。すごく可愛かった。
イライジャ:仕事の面接があった日の夜、彼がワインとクリスタル製グラスをふたつ持って現れて、労ってくれた。
3つの単語でふたりの関係を説明してください。
カシオン:「仲良し」「劇的」「アイコニック」。
イライジャ:「落ち着き」「繊細」「哲学的」。
お互いを言葉で説明してください。
カシオン:朗らかで頑固。そして、とんでもなくナイジェリアン的。
イライジャ: なんでも自分が正しいと思っていて、イライラさせられることもあるけど、愛してくれているんだということを、自分を押し殺してでも表現してくれる。
お互いの一番好きなところは?
カシオン:いつでも僕を支えてくれるところ。ムカつくときもあるけど、それ以上に、サポートと忠誠の姿勢をもって僕と付き合ってくれている。
イライジャ:彼のエネルギーに満ちた魂。それと世界一可愛い顔。
愛とは何だと思いますか?
カシオン:この世でもっとも美しい責任。
イライジャ:本当の自分を引き出してくれるもの。
未来にかける夢や希望は?
カシオン:いい質問だね。
イライジャ:いまみたいに混乱と死に溢れた状態じゃなく、愛と生に溢れる場所を目指して、皆が団結する未来。

Kacion wears shirt The Kooples Sunrise. Elijah wears shirt The Kooples Sunrise. 

Mike wears shirt The Kooples Sunrise. Onnika wears jacket The Kooples Sunrise.

マイク・セオリー(23歳)とオキミ・ニーネ(20歳)

ふたりの出会いは?
マイク:ちゃんと会ったのは、カムデンにある<コスタ・コーヒー>だったね。
お互いの第一印象は?
マイク:心の底から"完璧だ"と思った。
オキミ:シャイで面白いひとだと思ったと同時に、なんてきれいな目をしてるんだろうって。
初デートについて教えてください。
マイク:カムデンを歩いてたくさん話したね。
オキミ:とにかく延々と話し続けながら歩いた。何を話したか、今ではまったく覚えてないほど夢中になって話した。
相手にした最もロマンチックな行動は?
マイク:ロンドンのヒッポドローム・カジノにあるステーキハウス<Helliot>に行ったんだけど、『007』の世界観でとてもロマンチックだった。
オキミ:ふたりで並んで贅沢にマッサージを受けた後、フレンチレストランでご飯を食べた。
3つの単語でふたりの関係を説明してください。
マイク:「思いやり」「自由」「人生謳歌」。
オキミ:「超」「最高に」「素晴らしい」。
お互いを言葉で説明してください。
マイク:前向きでクリエイティブで、思いやりに溢れたひと。
お互いの一番好きなところは?
マイク:笑顔。
オキミ:彼の目。
愛とは何だと思いますか?
マイク:「ベイビー、これ以上、俺を傷つけないでくれ」(ハダウェイの1993年ヒット曲「What Is Love?」の歌詞)。
オキミ:マイクに答えをとられたわ……。
未来にかける夢や希望は?
マイク:ファッションのレーベルを立ち上げるか、もしくはレストランをやりたい。それと海沿いの町に暮らしたい。音楽活動は再開するかわからないな。
オキミ:マイクと一緒にカフェをやりたい。海辺の町かどこかで。

Mike wears shirt The Kooples Sunrise. Onnika wears jacket The Kooples Sunrise.

The Kooples Sunrise

Credits


Photographer Olivia Rose
Styling Bojana Kozarevic
Hair Jose Quijano at The Wall Group using ColorProof Evolved Colore Care
Make-up Athena Paginton at Bryant Artists using 3ina
Senior Designer Rebecca Boyd-Wallis
Photography assistance Alia Wilhelm
Styling assistance Louis Prier-Tisdall
Hair assistance Alessandro Jottini
Make-up assistance Billie McKenzie
Production assistant Sammy Karpf 
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.