写真集『Family Regained』出版記念 森栄喜の朗読パフォーマンス

クリスマスイブの夕刻、ギャラリーKEN NAKAHASHIにて。新鋭デザイナー案納泰裕とコラボレーションしたトートバック付きの初回限定版写真集も販売。

|
19 december 2017, 8:52am

写真家・森栄喜は、2017年9月に開催された個展「Family Regained」を皮切りに、シリーズを立て続けに展開してきた。NADiff Galleryで発表した映像作品『Family Regained: The Splash』に続き、パフォーミング・アートの祭典〈フェスティバル/トーキョー17〉では、道ゆく人に声をかけて「家族写真」を撮影してもらうパフォーマンスと、その模様をドキュメントした映像作品『Family Regained: The Picnic』を上演。写真家・長島有里枝や鷹野隆大らとのトークイベントでは、自身の思いを“言葉”でも語ってきた。

そして2017年12月20日(木)に、シリーズの始点にもなった写真作品を収めた写真集『Family Regained』がナナロク社から刊行される。血のように鮮明だが、彼の人柄のような温かさもある赤いスリーブが、写真集を包みこむようなブックデザインだ。92ページの媒体に収められた「真っ赤な世界にある家族の肖像」をぜひ眺めてほしい。

©︎2017 Eiki Mori from the series "Family Regained", C-Print, 8 x 10 inch, Courtesy KEN NAKAHASHI

出版を記念して12月24日(日)に、森栄喜による朗読パフォーマンスが新宿にあるギャラリーKEN NAKAHASHIで催されるそうだ。当日は、2018年の春に初コレクションを発表予定の新鋭デザイナー案納泰裕(あんのう・やすひろ)と森がコラボレートしたトートバッグに加え、オリジナルサイン入りプリントが付いた初回限定版写真集も販売される。クリスマスイブの夜に、彼は何を語りかけるのだろう?

森栄喜 朗読パフォーマンス
日時:2017年12月24日(日)17:00~18:00
会場:KEN NAKAHASHI
協力:ナナロク社

森栄喜写真集『Family Regained』
寄稿:笠原美智子(東京都写真美術館 事業企画課長)、三部倫子(石川県立看護 講師 社会学)
装丁:森大志郎
発行:ナナロク社
2017年12月20日刊行予定
*初回限定版20部:オリジナルサイン入りプリント1枚(C-Print サイズ 8 x 10 inch)、トートバッグ付き
*KEN NAKAHASHIでは限定版のみの販売