ビリー・アイリッシュに学ぶメンタルヘルスの大切さ

「助けを求めるからといって、あなたが弱いってわけじゃない」音楽シーンを席巻する17歳のアーティスト、ビリー・アイリッシュに学ぶ、「メンタルヘルス」との付き合い方。

by MAKOTO KIKUCHI
|
30 July 2019, 7:00am

現在、3千2百万人(2019年6月時点)を超えるインスタグラムのフォロワー数を誇るビリー・アイリッシュ。今年3月にSpotifyが発表した「世界で最も人気のある女性アーティスト」ではアリアナ・グランデに次ぐ2位にランクインした。世界が彼女に音楽業界の未来を託しているといっても過言ではない。しかし、彼女はまだたった17歳。ほんの数年前までは、ロスの合唱団に所属する名も無き少女だったのだ。その肩に伸し掛かる重圧は、想像を絶する。

YouTube上で4千万回以上再生されているVanity Fairが作成した動画「Billie Eilshi: Same Interview, One Year Apart」。この動画では2017年に行われたインタビューとまったく同じ質問を、一年後に投げかけ、その答えを比較したものだ。

「この音楽業界についてどう思っている?」という質問に対する2017年のビリー答えは「すべてのことにおいてカテゴライズしなきゃいけない、って気がする。私は何にでもなりたいの。黙ってよって感じ。私が何になれるかだなんて教わるまでもない」。それから一年を経て、もう一度同じ質問を投げかけられた彼女は、こう回答している。「私たちアーティストはみんな、死ぬほど悲しんでる。私の知っているアーティストはみんな。そういうもんなんだよ」

彼女が今年3月にリリースしたデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO』に収録された楽曲の多くが、鬱病や自己嫌悪についてを歌ったものであることは、大きな話題を呼んだ。「私を必要とするなら 会いたいなら 急いだ方がいい だってすぐにいなくなるから」という歌詞が印象的な楽曲「listen before i go」がアップロードされたYoutubeのコメント欄には、自殺予防ホットラインの番号の書き込みがあり、1万件を超える「いいね」が寄せられている。

そんな彼女は、今年5月、〈シーズ・ジ・オークワード〉という自殺防止団体のキャンペーンに参加した。そこで彼女は、「助けを求めるからといって、あなたが弱いってわけじゃない」という強いメッセージを残している。「『メンタルヘルスに気をつけなさい』と言われてもみんな他人事だと思ってしまう。でもそれって全然違って。私だって、自分が大丈夫かどうか知ろうとしてる最中だから」

「みんな、誰かに助けを求めることができるようであるべき。必要があれば誰しもがその人に手を差し伸べるべきなの。会話をはじめた途端にめちゃめちゃシリアスになる必要はない。ほら、『気分はどんな感じ?』って聞いてさ」彼女はそうやって悩める人々にアドバイスを送る。彼女は今も、多大なプレッシャーに折り合いをつけようとしている最中なのだろう。

思えば、筆者がはじめて「メンタルヘルス」の概念に触れたのは、10数年ほど前に日本でも放送していたアメリカのテレビドラマ『デスパレートな妻たち』を見ていた頃だったように思う。郊外の〈ウィステリア通り〉に住む主婦たちの人間模様を描いたこのドラマでは、セラピー通いがごくカジュアルなこととして描かれていた。様々な悩みを抱える登場人物たちがカウンセラーに相談をしに行く。そこで話される内容は、夫とのセックスレス、子供との不仲、ストレス、アルコール依存……と多岐にわたる。

このように米国では日常の一部、ごくカジュアルなこととして捉えられているメンタルヘルス。しかしながら日本では、カウンセリングに通うという行為自体が、かなりシリアスに捉えられていて、あまりなじみが無い。私が通った中学・高校には心理カウンセラーが在中していたが、一度もお世話になることのないまま卒業した。思春期ど真ん中のあの頃に、悩みのない日など一日たりともなかったのだけれど。

ビリーはインタビューをこう締めくくっている。「つまり何が言いたいかって……耳を傾けるべきだということ。話を聞くこと。私は私のやり方でコントロールしながら頑張ってる。専門家でもなんでもないから自分でもよくわかってないんだけど、私は見てきたし、そういう辛い時期も経験してきた。少しの心の拠り所が、誰かにとっては大きな意味を持つ。(中略)私がそうだった。でも、一番必要な時に、「愛してる、あなたのことを想ってる」ってメッセージを送ってくれた人たちがいた。それってすごく意味があることなんだ」

1564373706030-RE_MTACAMPAIGN_BILLIESELECT181217_BillieEilish_Album_PKG_05361

Credit

Text Makoto Kikuchi

Tagged:
Music
depression
billie Eilish
mentalhealth