Advertisement

フランス×日本 K-NARF & SHOKOによる展覧会が開催

フランスと日本をまたにかけるアーティストデュオ、K-NARF & SHOKO による展覧会「PRE-SUMMER RESEARCHES, STUDIES & SOUVENIRS」 が4月20日から東京・麻布で開催される。

by Daiki Tajiri
|
19 April 2019, 8:16am

昨年2018年のKyotographie/ 京都国際写真祭にてそのユニークな着眼点と独特な手法が評価され、アニエスべーをはじめとした国内外のメディアに注目されるアーティストデュオ、K-NARF & SHOKO の未発表作品を揃えた展覧会「PRE-SUMMER RESEARCHES, STUDIES & SOUVENIRS」が東京・麻布にあるギャラリーCale/Field Sewing Tokyoにて4月20日(土) から5月19日(日)まで開催される。

フランス人のK-NARFと日本人のSHOKOにより結成される彼らは、今まで写真という媒体を中心に扱い、表現が持ちうる力を模索するかのように実験的な制作やプロジェクトを手がけてきた。例えば彼らの代表作「HATARAKIMONO PROJECT」は、彼らが独自に生み出したブリコラージュを用いたプリント技法「TAPE-O-GRAPH」で制作が行われ、その今までにないビジュアルやテクニックからはクリエイティブの豊かさを覚える。

今展覧会ではタイトルにもあるように「夏- 以前/PRE-SUMMER」つまり春を、彼らなりの表現方法で視覚化する。東京を舞台に、彼らが描く春の空気は待ち遠しい夏の予感と重なり、美しい空間を生み出すだろう。

また、会期中作家たちを招き、初日にはオープニングレセプション、5月18日(土)にはアーティストトークも行われる予定だ。

「PRE-SUMMER RESEARCHES, STUDIES & SOUVENIRS」

日程:2019年4月20日(土) ~ 5月19日(日) ※会期中月曜定休
会場:Cale/Field Sewing Tokyo
東京港区東麻布3-4-6.1F
開館時間:11:00〜20:00
入場料:無料
公式HP