today on i-D
Culture

現代に生まれ変わるレズビアン・ホラー映画:『テルマ』『デーモン・インサイド』

セクシーなヴァンパイアの時代は終わった。レズビアン・ホラーの新たな幕が開く。
Ciara Pitts
1時間前
The Female Gaze Issue

i-D Japan no.6刊行記念パーティ@ hotel koé Tokyo

machinaとLIL MOFOによるDJ、CIRRRCLEとあっこゴリラのライブ……。渋谷のhotel koé Tokyoには、1000人以上が押し寄せた。
i-D Japan
21時間前
Fashion

混沌とした新居で:MALL by WALL 19SS

1日限りの新居であるラフォーレミュージアムで、WALLで取り扱いのある若手6ブランドのショー・インスタレーションが開催された。昼と夕方の回に分けて行われたその混沌とした空間に若年層のオーディエンスがワクワクした表情で駆けつける。彼らにだからこそ牽引できる力がそこにあると熱気を感じた。
YOSHIKO KURATA
21時間前
Music

tofubeatsが語る『RUN』、映画音楽、川

最新アルバム『RUN』をリリースしたtofubeatsが語る、自分にとっての音楽とそれに付随するもの。
Saki yamada
1日前
Culture

プッシー・ライオットのナディアによる初の著作『Read & Riot』

現代アクティビズムの指南書。
Frankie Dunn
1日前
Fashion

サイクルパンツはいかにして2018年最大の流行になったか?

2019年春夏のランウェイを席巻したのは、スパンデックス素材に包まれた太ももだ。
Felix Petty
1日前
amazon fashion week tokyo

“甘さ”の再考:MEMUSE 19SS

大きく膨らんだショルダーライン、重ねられたチュールに布地を駆け巡るフリル。でんぱ組.incのメンバーである相沢梨紗は、咲き乱れるガーリーなエッセンスをシフォンなどをラミネート加工した素材で包み込み、エッジの効いたドリーミーな世界を魅せた。
Tatsuya Yamaguchi
2日前
amazon fashion week tokyo

異質の共振:MISTERGENTLEMAN 19SS

オオスミタケシと吉井雄一の、メンズウェアを“更新”する巧みな美学の上で、異質な要素が共鳴するとき。そこには、躍動感(VIBRATION)が顕現する。
Tatsuya Yamaguchi
2日前
Fashion

人間より人間的:AVALONE 19SS

7人のモデルはスキンヘッド。顔には白線の“手術痕”。たとえば、脳に人工知能を埋め込んだ人間より優れた人種が現れ、“愛”の感触を自覚したら、彼らは“より人間的”なのではないか。日本アニメ『A.D. POLICE』(1990)にインスパイアされた服が登場する、スペキュラティブな未来予想がここにある。
Tatsuya Yamaguchi
2日前
amazon fashion week tokyo

ひと連なりの“時代”:ANREALAGE 19SS

デザイナーの森永邦彦が、パリに進出して以来の重要なパートナー、山口一郎が率いる〈NF〉と真鍋大度の〈ライゾマティックスリサーチ〉とともに、2003年から始まるANREALAGEの足跡をドラマティックに巡った。
Tatsuya Yamaguchi
2日前
amazon fashion week tokyo

ぶつかり合い共鳴するふたつのもの:liroto 19SS

なにも知らない無垢さは、悪気もなく時に素直に言葉を投げかける。特にそこに意図なんてなくて、余計に相手の心にズシリと響く。デビューコレクションと打って変わってテーマや演出を設けずに、カネコアヤノの旋律に共鳴したlirotoは、15ルックの服にその醇乎たる想いをかける。
YOSHIKO KURATA
2日前
amazon fashion week tokyo

可憐な接吻:MURRAL 19SS

花畑の上で男女が唇を交わすグスタフ・クリムトの『接吻』。デザイナーの村松祐輔と関口愛弓は、この傑作に対峙して生まれたイマジネーションをゴールドや小さな長方形を散りばめたプリント、花の刺繍などに映し込んだ。胸には小さな生花を添えて。
Noriko Wada
3日前
videos

features