The VICEChannels

      straight ups Steve Salter 14 July, 2017

      Supreme好きなロンドナーたちが語る、ルイ・ヴィトン コラボの熱狂

      世界8ヶ所で、Supreme x Louis Vuittonのコラボレーションが大旋風を起こしている。ロンドンでは180ストランド通りに立ち上げられたショップのシャッターが開く前から、外には長い行列ができた。写真家ヘンリー・ゴースが、ポップアップ・ショップに集まった熱狂的なSupremeファンたちをフィルムに収め、話を訊いた。

      「Supremeを抜きにして、現在のニューヨークのメンズウェアを語ることはできない。Supremeは巨大な世界的現象だから」と、キム・ジョーンズは2017年1月に、パリでLouis Vuitton x Supremeのコラボレーションを発表した直後に言っていた。「Supremeが持つグラフィックな強みと、Louis Vuittonのグラフィックな強み、そしてあのポップアート的な感覚がすべて合わさって、面白いことが起こるんだと思う」と、キムは付け加えた。Louis Vuittonは2000年に、LVモノグラムに酷似したプリントをスケートボードに使用したとして警告文をSupremeに送りつけている。この17年でいかにファッション界におけるブランドのパワーバランスが変化したかがわかる逸話だ。議論の余地なくファッション界においてもっとも人気の高い高級ブランドであるLouis Vuittonは、Supremeが持つ影響力を2017年秋冬コレクションに織り込むことで、消費者の購買欲をさらに煽る作品を作り上げた。「エスタブリッシュメントが変なプライドを捨ててアンチ・エスタブリッシュメントにならい、知的なストリートウェアを作った——そういうことだ」と、i-Dのファッション・フィーチャー担当ディレクター、アンダース・クリスチャン・マドセンは、Louis Vuitton x Supremeのショー評論のなかで書いている。商品のリリースに際しても、Louis VuittonはSupremeのやり方を導入している。

      近隣のアパレル・ショップから羨望の眼差しが注がれるなか、道に長い行列ができる——Supremeの新商品発売にはそんな話題が常につきまとう。前情報がほとんど明かされることなく商品が発売されるため、熱狂的なファンにしか新商品の詳細はわからない。一般消費者には到底理解できないことだが、列をなすひとびとは、店で稀少な商品を買おうと必死になる。Supreme関係者は、ブランドの熱狂的ファンが集まるスレッドなどに、新商品発売の詳細情報をドロップした。そこには、世界8ヶ所——北京、東京、パリ、シドニー、ロサンゼルス、マイアミ、ソウル、そしてロンドン——に立ち上げられるポップアップ・ショップの場所と開店時間が明かされていた。それも発売開始の数時間前のことだ。

      ロンドンの180ストランドにできたSupremeのポップアップ・ショップには、シャッターが開く前から数百人ものファンたちが目的の商品を購入すべく待ち構えていた。ポップアップは7月21日まで営業するにもかかわらず、アイテムはすでにeBayで出品されている。Supreme x Louis Vuittonのボックス・ロゴ・フディには、なんと25,000ドルの高値がついている。

      写真家ヘンリー・ゴース(Henry Gorse)がロンドンのSupremeファンたちを写真に収め、彼らに、今回のコラボレーションやSupreme愛について、そしてこれまでSupremeを買って後悔したことがあるかについて訊いた。

      トーマス・クウォフィー ロンドン スタイリスト

      どれくらい並びましたか?
      昨日の午前10時から並んでるよ。
      なにが目当て?
      "ひとつ買ったらひとつはおまけ"ということで、バンダナも欲しくて。
      あなたのSupreme中毒について、友達や家族はなんて?
      「その辺で買えば10分の1の価格で買えるのに、ただSupremeのロゴが入ってるからってなぜそんなに高いものを」って繰り返し言われてるよ。
      Supremeの魅力をわかっていないひとに一言
      素晴らしいものを見逃してるね。

      エヴァン・J 18歳 ケンブリッジ 学生

      どれくらい並びましたか?
      朝の6時から。
      なにが目当て?
      主にアクセサリー。特にチェーンウォレットとカード入れ。
      Supremeの魅力をわかっていないひとに一言
      Supremeはブームじゃない。Supremeには意味が込められていて、それはただ感じるしかない。
      Supremeに次にコラボレーションしてほしいブランドは?
      Palace。

      レベッカ・エイデモ 23歳 ストックホルム シェフ/ミュージシャン &
      ペル・サベル 21歳 ストックホルム フリーランスのイラストレーター/カスタマイザー

      何が目当て?
      レベッカ:Supreme x Louis Vuittonの熱狂を肌に感じたくて。カレとこの週末ロンドンに来たのは偶然だけど、この場に居合せることができて嬉しい。
      あなたをSupreme商品にたとえるなら?
      2017年春夏でリリースされた、赤と黒のファー・ジャケット。
      Supremeに次にコラボレーションしてほしいブランドは?
      Gucciか草間彌生。
      どの商品が目当て?
      ペル:ネイビーのパジャマと、赤いサングラス、デニムジャケット、ウエストポーチ。本当のところは全部欲しい。
      あなたをSupreme商品にたとえるなら?
      Supremeマネーガン。どこでも金をばらまいてやりたい。俺はそういうやつだから。

      ティアン・チェン & ジンジャン・フー 22歳 中国 学生

      どれくらい並びましたか?
      15時間。
      Supremeの魅力をわかっていないひとに一言
      何も言うことはない。
      Supremeに次にコラボしてほしいブランドは?
      Vetements。

      シンイ・スン 18歳 中国 学生

      何が目当て?
      ボックロゴのTシャツとサングラス。
      どれくらい並びましたか?
      4時間。
      あなたのSupreme中毒について、友達や家族はなんて?
      友達はほとんどがSupreme好き。両親もSupreme好きよ。
      買ってもっとも後悔しているSupremeのアイテムは?
      元カレに買ってあげたすべて。
      Supremeに次にコラボレーションしてほしいブランドは?
      私。

      Credits

      Text Steve Salter
      Photography Henry Gorse
      Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

      Connect to i-D’s world! Like us on Facebook, follow us on Twitter and Instagram.

      Topics:straight ups, fashion, street style, london, louis vuitton, supreme, supreme x louis vuitton, supreme x lv, hypebeasts, streetwear, the strand, collaborations, henry gorse

      comments powered by Disqus

      Today on i-D

      Load More

      featured on i-D

      More Features